スポンサーリンク

「求人」と「求職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「求人」と「求職」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「求人」「求職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「求人」とは?

「求人」とは?

「求人」とは、会社などが、働く人を探し求めるという意味になります。

つまり働いてくれる人を募集することを言います。

「求人広告」「新聞を使って求人すると、対応が大変だから、うちは基本的に紹介だけだ」「求人が少ない時期だから、転職は厳しいかもしれない」などと、使います。

「求職」とは?

「求職」とは?

「求職」とは、職を探すことを言います。

働きたいと思って仕事探しをしているといった人は「求職中」と表現することができます。

「求職活動」とは仕事を探して活動をしているという意味です。

「ハローワークは求職者で混んでいるかと思ったが今日は少なかった」「君は求職中の身なのに、遊んでばかりいるじゃないか」などと、使います。

「求人」と「求職」の違い!

「求人」と「求職」の違い!

「求人」「求職」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は就職活動、転職活動などにおいてよく使われる言葉です。

似たような言葉という印象がありますが、それぞれ別の意味を持っていますので、正しく覚えてください。

まず「求人」ですが、これは会社、お店などが、働く人を探している、求めているといった意味になります。

雇う側からすれば「求人する」「求人広告を出す」といった使い方をします。

一方で雇われる側からすれば「いい求人が出た」「今は求人が少ない」といった言い方になるのです。

立場によって言い表し方が変わるということを覚えておくといいでしょう。

「求職」とは、職を探すことを言います。

仕事を求めているという意味になります。

「求職者」「求職活動」「求職中」といった使い方をします。

これは仕事を探している人、仕事を探す活動、仕事を探している最中といった意味になります。

まとめますと「求人とは働く人を求めること」「求職とは職探し」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「求人」「求職」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この言葉は、漢字を見れば、何を求めているのかすぐにわかります。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物