「技術」と「スキル」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「技術」と「スキル」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「技術」「スキル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「技術」とは?

「技術」の意味と使い方について紹介します。

「技術」の意味

「技術」「ぎじゅつ」と読みます。

意味は「ものごとを取り扱う時の方法や手段のこと」「科学の研究成果を社会に役立たせる方法や手段のこと」になります。

「技術」の使い方

「技術」は、ものごとを処理する際に用いる方法や手段のこと、またはそれを取り扱うことも言います。

英語では「テクニック」と言い、様々なものごとを最も適切な方法を用いることにより、最大限に効果を発揮できるノウハウのことを言います。

また、「科学技術」「IT技術」などとして使う場合、過去の研究や分析などによる成果を、社会の発展に役立てる方法や手段という意味でも使われます。

「技術」は、その人の知識であったり、方法や手段として言葉や記号により伝えることもあります。

「スキル」とは?

「スキル」の意味と使い方について紹介します。

「スキル」の意味

「スキル」「あることを実行する為の能力や腕前」という意味です。

「スキル」の使い方

「スキル」は、あるものごとを適切に行う為の能力や腕前のことを言います。

行動をする際に、手段や方法が分っていても、それを扱う腕前がないと成果が表れないものです。

「スキル」は日本語では「技能」と言い、実際に何かの能力を身に付けていることを表します。

例えば、「誰よりもパソコンを早く扱える」「字がキレイに書ける」など、知識はあっても身に付いていないとできないことに使います。

「技術」との違いは、「スキル」「その人が経験積んで習得するもの」という点です。

「技術」と「スキル」の違い!

「技術」「知識や方法、手段であり、言葉や記号により伝えるもの」です。

「スキル」「人が経験を積んで身に付けるもの」です。

まとめ

今回は「技術」「スキル」の違いをお伝えしました。

「技術は知識」「スキルは腕前」と覚えておきましょう。