「業界」と「業種」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「業界」と「業種」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「業界」「業種」の違いを分かりやすく説明していきます。

「業界」とは?

「業界」の意味と使い方について紹介します。

「業界」の意味

「業界」「ぎょうかい」と読みます。

意味は「同じ産業や商業に関係する人々の社会や世界のこと」「マスコミやメディアなど、情報産業に関係する人達の社会のこと」です。

「業界」の使い方

「業界」は、商品や事業内容が同じ企業同士の社会的なつながりや、密に関係する企業も含めたつながりのことを言います。

その企業の主力商品やサービスが類似していることが基準となり、ジャンルが同じならば「同じ業界」になります。

例えば、「飲食業界」と言えば、飲食店だけではなく、食材を販売する業者や備品を製造するメーカーなども含まれるのです。

他にも「出版業界」「自動車業界」「音楽業界」など、自分達で「くくり」を付けられます。

「業種」とは?

「業種」の意味と使い方について紹介します。

「業種」の意味

「業種」「ぎょうしゅ」と読みます。

意味は「企業の事業の種類」「会社において担当するの業務の種類」のことです。

「業種」の使い方

「業種」は、どの様な事業をしているのか、ジャンル別に分けることを言います。

「業界」「社会的なつながり」であり、「業種」はその元になる事業の内容を類別する時に使われます。

大企業では、幅広い分野で事業を展開することもありますが、元々その企業が大きくなるきっかけであった事業で分けられます。

具体的には、「農業・林業・漁業・建設業・製造業・電気/ガス/熱供給/水道業・情報通信業・運輸業/郵便業・卸売業/小売業・金融業/保険業・不動産業・医療/福祉」など、総務省により20業種に分類されています。

「業界」と「業種」の違い!

「業界」「同じ産業や商業に関係する人々の社会的なつながりのこと」です。

「業種」「企業の事業の種類」です。

まとめ

今回は「業界」「業種」の違いをお伝えしました。

「業界は同じ業種の企業同士の関係」「業種は事業の種類」と覚えておきましょう。