「泣き言」と「文句」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「泣き言」と「文句」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「泣き言」「文句」の違いを分かりやすく説明していきます。

「泣き言」とは?

「泣き言」の意味と使い方について紹介します。

「泣き言」の意味

「泣き言」「なきごと」と言います。

意味は「泣きながらぐずぐずと訴える言葉」「自分の不運や苦しみを嘆く言葉」です。

「泣き言」の使い方

「泣き言」には以下の2つの意味があります。

1つ目は元の意味で、「泣きながら、人に対して訴えかける言葉」という意味で、文字通り泣きながら「何とかしてほしい」「これはひどい」などと言う言葉です。

2つ目は、元の意味から転じて「自分の不幸や不満なことを嘆いて人に訴える」という意味で、日常的にはこちらの意味で使われることが多くなります。

仕事で「きつい」「もうやりたくない」など、不幸なことや悲しいことを嘆く時の表現で、本当に泣くのではなく、ネガティブな愚痴を言うというニュアンスになります。

「文句」とは?

「文句」の意味と使い方について紹介します。

「文句」の意味

「文句」「もんく」と読みます。

意味は「文章中に出てくるある語句」「歌でメロディーに対する歌詞のこと」「相手に対して持つ不平や不満のこと」です。

「文句」の使い方

「文句」には以下の2つの意味があります。

1つ目は元の意味で「文章中のある言葉」という意味で、「名文句」「歌の文句」などに使われます。

2つ目は元の意味から転じて「相手に対して不平や不満を言う言葉」という意味で、「文句をたれる」「文句がある」と使います。

「何かを伝える為に発する言葉」という意味から、「不平や不満を持った時に発する言葉」の意味として使われる様になりました。

こちらの場合、相手に対する怒りの感情が含まれています。

「泣き言」と「文句」の違い!

「泣き言」「悲しい気持ちで嘆くこと」です。

「文句」「怒りを感じて不平や不満を言うこと」です。

まとめ

今回は「泣き言」「文句」の違いをお伝えしました。

「泣き言は悲しい気持ち」「文句は怒りの気持ち」と覚えておきましょう。