「常連客」と「得意客」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「常連客」と「得意客」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「常連客」「得意客」の違いを分かりやすく説明していきます。

「常連客」とは?

「常連客」の意味と使い方について紹介します。

「常連客」の意味

「常連客」「じょうれんきゃく」と読みます。

意味は「ある店に頻繁に訪れて利用するお客のこと」です。

「常連客」の使い方

「常連客」「常連さん」とも呼ばれ、特定のお店にいつも来るお客のことを言います。

大きなお店ではなく、収容人が数人から30人程度の規模の小さなお店に通うお客を表すことが多く、店主が顔や名前を覚えていて、中には慣れ親しんで職業や家族構成などプライベートなことまで知っているお客もいます。

また、常連客同士で仲良くなることもあります。

「常連客」になると、自分の気に入った席に座り、同じメニューをオーダーすることが多くなります。

お店もお客の好みを覚えていて、味付けを調整してくれるのです。

大金を使うというよりは、頻繁に来店するお客を表します。

「得意客」とは?

「得意客」の意味と使い方について紹介します。

「得意客」の意味

「得意客」「とくいきゃく」と読みます。

意味は「そのお店に頻繁に来て沢山買っていく客のこと」です。

「得意客」の使い方

「得意客」「お得意様」とも呼ばれ、「常連客」の様に頻繁に利用するだけではなく、一度利用するとお店に大きな利益をもたらしてくれる個人や企業のことを言います。

デパートや百貨店、ブランドショップなどでは、来店する度に高額な商品を購入するお客のことを言います。

ビジネスにおいては、一度の取引で大きな収益になるお客のことです。

お店や企業に対してしっかりと儲けさせてくれる人を表す言葉です。

「常連客」と「得意客」の違い!

「常連客」は、「儲かるかどうかは別として、いつも来るお客のこと」です。

「得意客」は、「大きな利益をもたらしてくれるお客のこと」です。

まとめ

今回は「常連客」「得意客」の違いをお伝えしました。

「常連客はいつも来るお客」「得意客は大金を使ってくれる客」と覚えておきましょう。