「ハソーン」と「ホワイツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハソーン」と「ホワイツ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ホワイツ」「ハソーン」は、共にアメリカのワークブーツのブランドですが、どのような違いがあるのでしょうか。

「ホワイツ」とは?

「ホワイツ」とは?

「ホワイツ」は、1896年創業のアメリカでも老舗のワークブーツメーカーです。

現在では世界中にその名を轟かせており、日本でも最高峰のブーツブランドと扱われています。

ラインナップの多くが実用性のあるブーツとなっており、軍隊が使用するものから消防用、カウボーイタイプといった、アメリカで古くから堅固なブーツが必要だった職業に向いたものがそのほとんどとなっています。

一足一足手作りなのが特徴で、オーダーメイドでの注文も行えます。

日本からでもホームページでそのような購入が可能となっています(日本語に対応しています)。

「ハソーン」とは?

「ハソーン」とは?

「ハソーン」は、「ホワイツ」のセカンドラインとして存在しているブランド名です。

ファーストラインの「ホワイツ」は会社名そのもので、そのホワイツが近年展開を始めた廉価版のブランドがこの「ハゾーン」になります。

「ホワイツ」が専門職の高いブーツの製造を主としているのに対し、こちらはカジュアル用のブーツが多いのが特徴で、一般にも人気のブランドとなっています。

また、「ホワイツ」は全てのブーツが手作りですが、「ホワイツ」は機械と併用した製造によってコストカットを実現しています。

日本ではスウェードのブーツがとても有名です。

「ホワイツ」と「ハソーン」の違い

「ホワイツ」と「ハソーン」の違い

「ホワイツ」は、本格的な職業用のブーツブランドで、「ハソーン」は、そのクオリティで作られたカジュアル向けのブーツブランドだと考えていいでしょう。

同じ工場で製造しているので、廉価版のセカンドラインとは言っても、カジュアルとしてはもったいないほどのクオリティを誇っています。

まとめ

まとめ

「ホワイツ」「ハソーン」の関係は、以上になります。

「ハソーン」の方でも充分過ぎるほどの高級ブーツだと言っていいでしょう。