「閉店」と「休業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閉店」と「休業」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「閉店」「休業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「閉店」とは?

「閉店」とは、その日の営業時間が終わり、店を閉めるという意味と、商売そのものをやめて店をたたむことという意味の、二通りあります。

例えば「21時閉店です」という言い方であれば、その日の営業が21時までであるという意味です。

ですが「今月いっぱいで閉店する」「閉店セール」などという場合は、商売自体をやめる、店じまいといった意味になります。

「閉店」という言葉の場合、どちらの意味合いなのか前後にある言葉で判断するようにしましょう。

「休業」とは?

「休業」とは、仕事、営業、授業などを休むという意味になります。

「臨時休業」「しばらく休業いたします」「休業補償を出してもらう」などと、使います。

「閉店」と「休業」の違い!

「閉店」「休業」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味が違いますので混同しないように気をつけてください。

まず「閉店」ですが、これは二つの意味があります。

一つはその日の商売、営業を終えて店を閉めることです。

もう一つは、お店自体をやめること、店じまいという意味です。

一方の「休業」「仕事を休む」ことです。

「臨時休業」とは定まった時ではなく、その時に応じた休みということになりますので、何かあって急に休むことになった場合に使われます。

また「長期休業」とは長い間休むという意味です。

この場合、長期間休んだ後に復活する場合もありますが、実質やめている状態となって復活する気はないこともあります。

まとめますと「閉店は、その日の仕事が終わり閉めること、もしくは商売自体をやめること、店じまい」「休業は仕事、営業などを休むこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「閉店」「休業」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらもお店に関する言葉で同じような意味合いに感じますが、言葉の意味は違うものです。

それぞれの意味を正しく理解して、ふさわしい方を選んで使ってください。