スポンサーリンク

「編集者」と「ライター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「編集者」と「ライター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「編集者」「ライター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「編集者」とは?

書籍、雑誌、パンフレットなどができあがるまでのすべての工程にかかわる職業です。

この仕事に就くために必要な資格はありません。

しかし、大手出版社の場合は4年制大学を卒業していることが条件とされている場合があります。

アシスタントとして経験を積み、この仕事に就くことが一般的です。

この仕事をするために必要な知識を身につけるための講座があり、そういったものを受講しておくと、仕事をする際に役立ちます。

就職する際には経験が重視されています。

本ができあがるまでには、文章を書く人との交渉、予算の管理、発行日の計画、売り込み方法の検討など、さまざまな事柄が行われています。

これらすべてにかかわる仕事です。

文章にかかわる仕事なので、文字を読むことが苦ではないことが、この人には求められます。

読書量が多いと、さまざまな知識を身につけることができ、仕事をするうえで役立ちます。

また、書籍の出版はスケジュール通りに進まなければならないため、スケジュール管理をする能力が求められます。

「編集者」の使い方

小説や実用書などの書籍、雑誌、パンフレットなどができあがるまでの過程にかかわる仕事のことです。

「ライター」とは?

出版社や新聞社などから依頼されたテーマに関しての文章を書く職業です。

この仕事に就くために必要な資格はありません。

文章表現力が求められる仕事で、専門学校や通信講座のライター養成コースなどを受講しておくと、力をつけることに役立ちます。

出版社などから依頼されるテーマは、ファッション、グルメ、旅行、健康、環境保護、政治など、多岐にわたります。

さまざまな事柄について書いている人もいれば、特定の分野のことを書いている人もいます。

多くの場合、自分が得意とするテーマがあります。

文章を書くにあたり、多数の資料を集めて参考にし、場合によってはカメラマンを伴って取材をします。

取材の協力を依頼し、話しを聞くことがあるため、コミュニケーション能力が必要です。

「ライター」の使い方

出版社や新聞社などから依頼されたテーマの文章を書く人を指して使用する言葉です。

WEB媒体の文章を書く人のこともこの名で呼びます。

「編集者」と「ライター」の違い

文章と関係のある職業ですが、この2つは別の職業です。

「編集者」は書籍やパンフレットなどが完成するまでの、すべての工程にかかわる仕事です。

「ライター」は書籍などができる過程のうち、文章を書くことにかかわる仕事です。

「編集者」の例文

・『編集者になる』
・『編集者として忙しくしている』
・『編集者になるための修業中』

「ライター」の例文

・『ライターに仕事を依頼する』
・『グルメが得意なライター』
・『ライターを目指す』

まとめ

文章にかかわる仕事ですが、行っていることは違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物