「勉強」と「学問」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勉強」と「学問」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勉強」「学問」の違いを分かりやすく説明していきます。

「勉強」とは?

「勉強」の意味と概要について紹介します。

「勉強」の意味

「勉強」「べんきょう」と読みます。

意味は「理論や公式、技芸などを学ぶこと」「ものごとに精を出すこと」「経験を積むこと」「商売で値引きして安く売ること」です。

「勉強」の概要

「勉強」は、幾つか意味がありますが、本来の意味は「理論や公式、技芸などを学習すること」です。

基本的に、教科書があり、教師による授業や指導などを受けて、内容を学習した後に試験を受けて、評価を付けられます。

「勉強」する内容には、最初から正解があり、正しい答えを導き出す為の方法を学ぶのです。

好き嫌いに関係なく、正しい答えを出して試験で良い点数を取り、進学に役立てる為にやらなければならないことを言います。

「学問」とは?

「学問」の意味と概要について紹介します。

「学問」の意味

「学問」「がくもん」と読みます。

意味は「学校へ通ったり先生に教わったりして、新しい知識を学習すること」「理論に基づいて知識を深め、と研究すること」です

「学問」の概要

「学問」も、学校に通ったり、教師の指導を受けるという意味はありすが、その源となるものが違います。

「学問」は基本的に、大学以上の人が知識を深める為に学ぶ行為のことを言います。

「勉強」が最初から正解があり、教科書に沿って理論を展開していくのに対し、「学問」は、自ら問いかけて答え見つけていくことを表します。

つまり、自分で学びたいと思い、疑問を持ち、明確にしたい、もっと掘り下げたいと思った時に学ぶことを言うのです。

「勉強」と「学問」の違い!

「勉強」「あらかじめ正解があり、その方法を学ぶこと」です。

「学問」「自分で興味と疑問を持ち、検証しながら正解を探す為に学ぶこと」です。

まとめ

今回は「勉強」「学問」の違いをお伝えしました。

「勉強は受動的」「学問は能動的」と覚えておきましょう。