「関節」と「間接」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関節」と「間接」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「関節」「間接」の違いを分かりやすく説明していきます。

「関節」とは?

「関節」の意味と使い方について紹介します。

「関節」の意味

「関節」「かんせつ」と読みます。

意味は「人の身体で、2つの骨が連結している部分こと」です。

「関節」の使い方

「関節」は、二つの骨のつながっている部分のことを言います。

人の身体では、肩やひじ、膝、足首、指など、骨があっても曲がる部分があります。

「関節」は、骨と骨をつなぐ部分で、スムーズに骨が動くことで歩いたり、座ったり、物を掴んだりなどの基本動作ができるのです。

骨は固い組織ですので、直接つながって動かしていると、刺激により擦り減ったり痛みを感じます。

その為に、「関節」部分には「軟骨」という柔らかい組織があり、骨が擦れる時の摩擦を軽減させたり、強い動作をする時の衝撃を吸収してくれるのです。

「間接」とは?

「間接」の意味と使い方について紹介します。

「間接」の意味

「間接」「かんせつ」と読みます。

意味は「2つの人や物の間に他のものを置いた状態で、ものごとが行われること」「遠まわしに意味すること」です。

「間接」の使い方

「間接」は、2つの人や物が直接顔を合わせたり、触れったりすること無く、間に他のものを介して何かが行われることを言います。

「間」「あいだ」「接」「つながる」という意味で、「間接」「あいだにつながっているもの」という意味です。

「間接的」として使われることが多く、「実際にはしていない状態」を表します。

また、「間接的表現」と使う場合、「遠まわしで表現すること」を表します。

「関節」と「間接」の違い!

「関節」は、「人の身体で2つの骨が連結している部分」です。

「間接」は、「2つの人や物の間に他のものを介して何かをすること」です。

まとめ

今回は「関節」「間接」の違いをお伝えしました。

「関節は骨の連結部分」「間接は直接ではないこと」と覚えておきましょう。