「学校の勉強」と「受験勉強」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「学校の勉強」と「受験勉強」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「学校の勉強」「受験勉強」の違いを分かりやすく説明していきます。

「学校の勉強」とは?

「学校の勉強」の意味と概要について紹介します。

「学校の勉強」の意味

「学校の勉強」とは、「社会に出て必要となる基礎知識や、応用の利く知識をまんべんなく学ぶこと」という意味です。

「学校の勉強」の概要

「学校の勉強」は、学年単位でカリキュラムが決まっていて、教科書に沿って順番に覚えていくものです。

教科ごとに分かれて、教科書を使って学びますが、生徒の精神的な発達に合わせて基礎的な知識から、やや高度な知識までを教える様になっています。

内容は社会に出て直接役立つことだけではなく、様々な角度から考察したり、工夫たりして自分なりの解答を導き出せる能力を養うことも含まれています。

尚、学期内で定期的に試験を行い、習得度や理解度を判断する基準にしています。

「受験勉強」とは?

「受験勉強」の意味と概要について紹介します。

「受験勉強」の意味

「受験勉強」とは、「中学・高校・大学などで定員がある時に、選考試験に合格することを目的に学ぶこと」です。

「受験勉強」の概要

「受験勉強」は、中学や高校、大学など、定員が決まっているところに応募した時に、選考試験に合格することを目的として勉強することを言います。

自分の知識を深めるというよりも、その学校の入試の出題傾向を重視して、一時的に身に付ける知識という意味が強くなります。

1点でも多く点数を取ることを考えるので、問題を解く時にも優先順位などがあります。

「学校の勉強」と「受験勉強」の違い!

「学校の勉強」は、「社会に出て必要な知識や、応用が利く知識を学ぶこと」です。

「受験勉強」は、「進学する時に、選考試験に合格することを目的に学ぶこと」です。

まとめ

今回は「学校の勉強」「受験勉強」の違いをお伝えしました。

「学校の勉強は自分の知識の為」「受験勉強は入試に受かる為」と覚えておきましょう。