「外装」と「外観」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「外装」と「外観」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「外装」「外観」の違いを分かりやすく説明していきます。

「外装」とは?

「外装」の意味と使い方について紹介します。

「外装」の意味

「外装」「がいそう」と読みます。

意味は、「建物・自動車などの大きな物で、外から見える部分の設備や装飾のこと」「荷物の外側を包んでいるもののこと」です。

「外装」の使い方

「外装」は、建物や車などの大型製品において、外側にある装飾や仕上げ部分のことを言います。

具体的には外壁や屋根など、そのものの外側を覆っているもののことです。

「外装」は、外側から見た感覚を大切にするで、デザイナーや依頼人の好みに合わせたデザインやカラーに仕上げることも多くあります。

但し、地域によっては条例などで「外装」の色や形状に規制を設けている場合もあります。

「外装」は、デザイン性だけではなく、本体を保護する役割があります。

風や雨による劣化を防ぎ、火災による延焼を防ぐなど、工夫が施されているのです。

「外観」とは?

「外観」の意味と使い方について紹介します。

「外観」の意味

「外観」「がいかん」と読みます。

意味は「外側から見た様子のこと」です。

「外観」の使い方

「外観」は、外側から見た状態や景色のことを言い、建物や車など、大型製品に対して使われます。

その物自体は動かさずに、見る側の人が移動して見て観察する時に使われます。

基本的に自らの意思で動かないものに対して使われる言葉で、人や動物には使われません。

似た様な言葉に「外見(がいけん)」がありますが、こちらは「人の視界に入るもの」を表します。

「外観」の場合、全体を見渡すのに移動が必要な場合に使われます。

「外装」と「外観」の違い!

「外装」「外側にある装飾や仕上げ部分のこと」です。

「外観」「外側から見た様子のこと」です。

まとめ

今回は「外装」「外観」の違いをお伝えしました。

「外装は外側の仕上げ」「外観は外側から見た様子」と覚えてきましょう。