「研究職」「開発職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「研究職」「開発職」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「研究職」「開発職」の違いを分かりやすく説明していきます。

「研究職」とは?

「研究職」の意味と概要について紹介します。

「研究職」の意味

「研究職」「けんきゅうしょく」と読みます。

意味は「企業において、商品について分析や実験などをして、既存の特性を伸ばしたり、新しい方向性を見出す仕事のこと」です。

「研究職」の概要

「研究職」は、文字通り商品について研究を行う仕事です。

メーカーには「ラボ」という場所があり、実験道具が揃っていて、商品に対して様々な研究ができる様になっています。

既存の商品の特性を探ったり、新しい方向性を生み出す為には原材料をどの様に配合すれば良いのかなど、分析や実験を行っています。

「研究職」は基本的に理系の専門知識を学んだ人が就く仕事ですが、結論が出るまでに数年かかることも多く、地味な仕事とされています。

「開発職」とは?

「開発職」の意味と概要について紹介します。

「開発職」の意味

「開発職」「研究結果を生かして新しい製品を考え出す仕事のこと」です。

「開発職」の概要

「開発職」は、研究結果に基づいて、新しい製品を考案して実現化させる仕事です。

研究により得られた結果やデータを元に、臨床試験などを行いますが、更に以下の2つの種類に分れます。

1つ目は「商品開発」で、「新しい商品やサービスを考えて実現化させる仕事」です。

世の中のヒット商品はほぼこの部署により考案されています。

2つ目は「技術開発」で、「実用的な技術を生み出して社会に提供すること」です。

主に顧客から依頼されたり、社会問題を解決する技術を生み出します。

「研究職」「開発職」の違い!

「研究職」「商品いついて分析や実験をして、データを集める仕事」です。

「開発職」「新しい製品を考え出す仕事」です。

まとめ

今回は「研究職」「開発職」の違いをお伝えしました。

「研究職はデータ作り」「開発職は新製品作り」と覚えておきましょう。