「了承」と「承諾」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「了承」と「承諾」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「了承」「承諾」の違いを分かりやすく説明していきます。

「了承」とは?

「了承」の意味と使い方について紹介します。

「了承」の意味

「了承」「りょうしょう」と読みます。

意味は「事情を理解して納得すること」です。

「了承」の使い方

「了承」は、あるものごとに関して、事情を組んで納得することを言います。

基本的に目上の人が目下の人に対して使う言葉で、相手に事情があったり、お願いされた時に「理解した」「納得した」言う代わりに使います。

また、自己都合で相手に影響を与えそうな場合、最初から相手に「何卒ご了承下さい」と言うことで、「ご理解下さい」「納得して下さい」という意味になり、相手に文句を言われない様に先手を打つ時に使われます。

「了承」は元々「諒承」と書き、辞書にも載っていますが、「諒」が常用漢字ではない為に「了承」が使われています。

「承諾」とは?

「承諾」の意味と使い方について紹介します。

「承諾」の意味

「承諾」「しょうだく」と読みます。

意味は「相手の意見や希望、要求などを聞き入れること」です。

「承諾」の使い方

「承諾」は、相手の意見や希望などを聞き入れてその通りにすることを言います。

ビジネスで良く使われる言葉で、「上司の承諾を得て価格を変更する」など、自分からお願いして受け入れて貰う時にも使われます。

「承諾」は法律用語であり、「申し込みとセットで契約を成立させる意思表示のこと」という意味でも使われます。

自分から何かを申し込んだ場合、相手に承諾されれば契約が成立することを表します。

「了承」と「承諾」の違い!

「了承」「相手の事情を踏まえて納得すること」です。

「承諾」「相手の依頼や要求を聞き入れること」です。

まとめ

今回は「了承」「承諾」の違いをお伝えしました。

「了承は納得すること」「承諾は聞き入れること」と覚えておきましょう。