「列車」と「電車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「列車」と「電車」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「列車」「電車」の違いを分かりやすく説明していきます。

「列車」とは?

「列車」の意味と使い方について紹介します。

「列車」の意味

「列車」「れっしゃ」と読みます。

意味は「人や貨物を輸送する為に組合わされた鉄道車両のこと」です。

「列車」の使い方

「列車」は、人や貨物を輸送する目的で、線路を運行する様に組合わされた鉄道車両のことを言います。

電車の車庫など停車させる場所以外で、線路上を走っている車両は全て「列車」と呼ぶのです。

「列車」には「列」という漢字が入っていることから、複数の車両が連なっているものをイメージしますが、1両だけであっても「列車」と言います。

「列車」は目的や仕様などにより、幾つかの種類に分かれます。

「旅客列車」は人を輸送する電車、「貨物列車」は貨物を輸送する電車、「夜行列車」は夜間に運行する列車のことです。

「電車」とは?

「電車」の意味と使い方について紹介します。

「電車」の意味

「電車」「でんしゃ」と読みます。

意味は「動力に電気が使われ、人や貨物を輸送できる鉄道車両のこと」です。

「電車」の使い方

「電車」は、動力に電気を使う鉄道車両を表す言葉です。

本来は「電動機付き客車・貨車」を略した言葉ですが、現在では「電車」という一般名詞になっています。

「電車」は、線路上に並行して設置されている「架線」というケーブルから電気を取り込み、モーターを稼働させて動かします。

「電車」は、動力を持っている「電動車両」と、それ以外の「付随車両」に分けられています。

「列車」と「電車」の違い!

「列車」「人や貨物を輸送する目的で、線路上を走る様に組み合わされた車両の総称」です。

「電車」「列車のうち、動力に電気が使われているもの」です。

まとめ

今回は「列車」「電車」の違いをお伝えしました。

「列車は線路を走る車両のこと」「電車は動力が電気の列車」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物