「スケボー」と「スノボー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スケボー」と「スノボー」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スケボー」「スノボー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「スケボー」とは?

「スケボー」とは、「スケートボード」を略した言葉で、1枚の板に車輪に4つの車輪が前後に2つずつ付いており、その上に乗って進む為の道具(乗り物)です。

子供用のものから、競技用の本格的なものまで様々な種類があり、値段もそれぞれまちまちです。

2020年の東京大会からは五輪の正式種目にもなり、スポーツとして楽しむ人も増加しています。

これに乗る際にはヘルメットと肘あて、膝あてといった安全装備を付けることが推奨されます。

「スノボー」とは?

「スノボー」は、「スノーボード」が正式な名称で、雪上でそれに乗って滑る為の道具です。

1メートル以上の1枚の板で、初心者用からプロ仕様のものまで様々な種類があります。

前後で脚が固定される形でこの上に乗り、スキーのように下り斜面を滑降します。

そのスキーとは違ってストックは持たず、両手は空いた状態になりますが、うまく使ってバランスをとったり、スキーと比較して転倒のリスクが高い為、それにも備えておかないといけません。

こちらも五輪種目となっており、日本人の選手が世界レベルで活躍しています。

注意点として、スキー場では禁止されていることもあるので、最初に「スノボー」が使用できるか確認しておかないといけません。

「スケボー」と「スノボー」の違い

「スケボー」「スノボー」の違いを、分かりやすく解説します。

「スケボー」は、トリックと呼ばれる階段や坂なども含め、舗装された道をその上に乗って進む為の道具です。

車輪が小さいので、未舗装の道の上では使用できません。

「スノボー」は、雪上を滑る為の道具で、両足がその上で固定されます。

「スケボー」ではそれがなく、いつでもその上から降りることができますが、「スノボー」ではそうはいかないので、うまくなるまでは転倒がつきものです。

上級者になると、雪面の状態に合ったワックスを裏面に縫って、より滑るようにコントロールしています。

まとめ

「スケボー」「スノボー」は、このように違います。

舗装された道で使われるのが「スケボー」で、雪上では「スノボー」の方が使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物