「事業用トラック」と「自家用トラック」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事業用トラック」と「自家用トラック」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「事業用トラック」「自家用トラック」の違いを分かりやすく説明していきます。

「事業用トラック」とは?

「事業用トラック」とは、「トラック運送会社が事業用として運輸局に申請・登録して保有しているトラック車両」のことです。

「事業用トラック」は、緑地に白色の数字が書かれた「緑ナンバー・青ナンバー(軽トラックは黒ナンバー)」をつけています。

「事業用トラック」は、「顧客から運賃を受け取って、さまざまな貨物を配送する事業」を営むことができます。

「事業用トラック」には「2トン以下の小型トラック・4トンの中型トラック・10トンの大型トラック・タンクローリーなど特殊なトラック」といったさまざまな種類・大きさ・形状があり、自家用トラックよりも税制面で優遇されます。

「自家用トラック」とは?

「自家用トラック」とは、「事業用トラックではない個人が所有している一般的なトラック」のことを意味しています。

「自家用トラック」はトラックで顧客の貨物を有料で配送する事業で使うための許可を受けていないトラックなので、「自家用トラック」では「トラック運送事業」を営むことはできません。

「自家用トラック」でできる仕事は、「運賃を受け取らずに部品・製品を取引先に届ける仕事・営業先を回る仕事・企業から個人事業主として配送を請け負う仕事(顧客からの運賃ではなく給与で報酬をもらう形)」になります。

「自家用トラック」は、白いナンバープレートに緑色で数字が書かれた「白ナンバー」をつけています。

「事業用トラック」と「自家用トラック」の違い!

「事業用トラック」「自家用トラック」の違いを、分かりやすく解説します。

「事業用トラック」「自家用トラック」はどちらもトラックという意味では同じですが、「事業用トラック」「トラック運送会社が有料で顧客の貨物を運ぶ事業に使用する目的で所有している車(運輸局で事業用トラックとして許可を取った車)」のことを意味しています。

「自家用トラック」というのは、「事業用トラックではない個人が所有する一般的なトラック(運賃を受け取って顧客の貨物を運ぶ運送事業をすることが法律で規制されているトラック)」を意味している違いがあります。

「事業用トラック」「緑ナンバー・青ナンバー・黒ナンバー(軽自動車)」のナンバープレートをつけていますが、「自家用トラック」「白ナンバー」をつけている違いも指摘できます。

さらに「事業用トラック」のほうが「自家用トラック」よりも自動車税が安く設定されています。

まとめ

「事業用トラック」「自家用トラック」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「事業用トラック」とは「トラック運送会社が事業用として運輸局に登録して保有しているトラック車両、緑ナンバー(青ナンバー・黒ナンバー)のトラック」を意味していて、「自家用トラック」「事業用トラックではなくて個人が主に自分の貨物を運ぶ目的で所有しているトラック車両・白ナンバーのトラック」を意味している違いがあります。

「事業用トラック」「自家用トラック」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物