「武蔵野線」と「京葉線」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「武蔵野線」と「京葉線」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

交通機関が発達している首都圏にいると、毎朝通勤ラッシュで非常に疲れているビジネスマンの光景を目にすることは当たり前のように思えることでしょう。

その中で、「武蔵野線」「京葉線」という路線がありますが、今回はこの路線について見て行きたいと思います。

「武蔵野線」とは?

「武蔵野線」はJR東日本の路線の1つで、「神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅?千葉県船橋市の西船橋駅」を結んでいます。

この路線の他に、新小平駅?国立駅間、新秋津駅?西武鉄道・所沢駅間、西浦和駅・武蔵浦和駅?別所信号場?与野駅間、南流山駅?北小金駅・馬橋駅間にも支線があります。

また、「武蔵野線」がJR東日本が第一種鉄道事業者で、JR貨物が第二種鉄道事業者という位置付けで事業が運営されています。

「京葉線」とは?

「京葉線」もJR東日本の路線の1つで「東京都千代田区の東京駅を起点に東京湾湾岸沿いを経由し千葉県千葉市中央区の蘇我駅」を結んでいます。

また、千葉県船橋市の西船橋駅?南船橋駅、西船橋駅?市川塩浜駅に支線を持っています。

また、支線は運転系統上、武蔵野線の乗り入れでも使われており、乗り換え案内で武蔵野線の一部と紹介されています。

「武蔵野線」と「京葉線」の違い!

「武蔵野線」「京葉線」の違いを考えて見ると、混雑率で考えてみると、混雑率で見ると面白い特長が分かるかもしれません。

「武蔵野線」は、2018年度で最でも混雑した区間は、東浦和?南浦和間となり、この間の混雑率は173%となっていました。

2002年度以前はこの区間の混雑率はゆうに210%を越えており、首都圏の鉄道路線に中でも非常に混雑率が高い区間でした。

しかし、ダイヤ改正に伴うラッシュ時の増発により緩和傾向にあります。

一方の「京葉線」では、「2018年度の最混雑区間は葛西臨海公園?新木場間の混雑率は166%です。

1996年度以降は190%前後で推移し、東京メトロの東西線に次ぐ混雑の多い路線でした。

2008年度のダイヤ改正での増発を契機に2009年度以降、輸送人員が横ばいとなり。

近年は混雑率が170%台で推移している状況です。

まとめ

「武蔵野線」「京葉線」の2つの路線について見てきましたが、これらの路線は毎日、多くの通勤・通学客を運んでいます。

当然、この他にも多くの路線で多くの乗客が利用しているので、これを機に他の路線のことを調べてみると、さらに興味深くなっていくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物