スポンサーリンク

「 612スカリエッティ」と「フェラーリ599」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「 612スカリエッティ」と「フェラーリ599」の違い乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「612スカリエッティ」「フェラーリ599」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「612スカリエッティ」とは?

「612スカリエッティ」とは?

「612スカリエッティ」は、イタリアの自動車会社フェラーリが2002年から2011年まで製造していたスポーツカーです。

特徴については、6リッターのエンジンを搭載し、エンジンは、カロッツェリアのエンジンを採用しています。

当時F1のようなパドルシフトを採用したことで有名なイタリア製のスポーツカーです。

「フェラーリ599」とは?

「フェラーリ599」とは?

「フェラーリ599」は、「612スカリエッティ」と同じ骨格を持つフェラーリ製の自動車ですが異なる点は、パワーユニットであるエンジンがエンツォというフェラーリの自動車に使用されていたエンジンの性能を落としたモデルを採用しており、フェラーリにエンジンを供給している会社のエンジンを採用しています。

エンジンの性能を落としたとしていますが、馬力は、600馬力以上を誇り、「612スカリエッティ」よりも馬力が高いので十分な性能を秘めたモンスターマシンです。

「612スカリエッティ」と「フェラーリ599」の違い

「612スカリエッティ」と「フェラーリ599」の違い

「612スカリエッティ」「フェラーリ599」の違いは、優等生であるか、わがままな美女であるかです。

「612スカリエッティ」は、優等生でスポーツカーながら扱いはまだ余裕があります。

一方「フェラーリ599」は、モンスターマシンでマシン自体は補強されていますが、エンジンはわがままで有名なものを使用しているのでわがままな美女であると言えます。

「612スカリエッティ」の例文

「612スカリエッティ」の例文

・『612スカリエッティのエンジンは、フェラーリ独自のエンジンではない』
この例は、「612スカリエッティ」のエンジンがフェラーリ製ではないという例です。

ただ、異なるエンジンでも十分な性能が発揮されるうえ安全性については、「612スカリエッティ」の方が安全性が高い設計なので優秀であると言えます。

「フェラーリ599」の例文

「フェラーリ599」の例文

・『フェラーリ599は馬力の高さゆえマシンを補強してある』
この例は、マシンの特徴について解説しており、「フェラーリ599」は馬力を重視するが故、マシンの補強を余儀なくしています。

まとめ

まとめ

「フェラーリ599」は、フェラーリの遺伝子であるパワーを重視しつつ、安定性にも取り組んだものですが、パワーが高すぎるが故、ボディの合成に何があるが故、無理やり補強した感じです。

一方「612スカリエッティ」は設計に余裕があるので補強を必要としておらず、パワーがあるエンジンを載せても一応安全性が確保されています。

逆を返せば、「フェラーリ599」のコンセプトは攻めの姿勢で自動車のパワーを引き上げることで性能アップを図るというF1のような競争車の考えをもとに作られた自動車です。

なお、「フェラーリ599」は、2006年から2012年まで製造された自動車になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物