「コミュニティバス」と「路線バス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コミュニティバス」と「路線バス」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コミュニティバス」「路線バス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「コミュニティバス」とは?

「コミュニティバス」の意味と概要について紹介します。

「コミュニティバス」の意味

「コミュニティバス」とは、「地方自治体が運行に関与する小型のバスのこと」です。

「コミュニティバス」の概要

「コミュニティバス」は、地方自治体が民間のバス会社に委託して運行させているバスのことを言います。

決まった路線ですが、大型バスが運行できないような狭い道路や住宅街など、路線バスや他の交通手段がないエリアで運行されています。

高齢者や障害者だけではなく、一般住民でも利用が可能です。

住宅街を走行できる様に小型の車両で、バリアフリー仕様になっています。

運賃は地方自治体からの補助により路線バスよりも安く、次の停留所までの距離も短くなっています。

「路線バス」とは?

「路線バス」の意味と概要について紹介します。

「路線バス」の意味

「路線バス」とは、「バス会社や交通事業者が運営する、決まった経路を運行するバスのこと」という意味です。

「路線バス」の概要

「路線バス」とは、バス会社や鉄道会社などが運営する、駅と駅を結ぶ経路を運行するバスのことを言います。

主に駅間を走行していて、通勤客や買い物客などが利用し易い様になっています。

大型バスが多く、広い道路を走っているのですが、路線によっては狭い道路を運行することもあります。

ターミナル駅には多くのバス会社のバスが乗り入れていて、乗り場を探すのに苦労する人もいます。

「コミュニティバス」と「路線バス」の違い!

「コミュニティバス」「地方自治体が関与する小型のバス」です。

「路線バス」「バス会社が運営する大型のバス」です。

まとめ

今回は「コミュニティバス」「路線バス」の違いをお伝えしました。

「コミュニティバスは小型で住宅街を走る」「路線バスは大型で駅間を走る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物