「スキーム」と「フロー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スキーム」と「フロー」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スキーム」「フロー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「スキーム」とは?

「スキーム」の意味と概要について紹介します。

「スキーム」の意味

「スキーム」とは、「ビジネスでの計画・構想・枠組みのこと」です。

「スキーム」の概要

「スキーム」は、英語で“scheme”と書き、「計画・構想」という意味があります。

ビジネス用語として使われる場合、「枠組みを持った計画・設計」という意味になります。

語源はギリシャ語で、「枠組みを持った計画」と言う意味で、現代的に解釈されて使われています。

ビジネスでは、「構想を練る」「策略を企てる」「もくろむ」などという場合に「スキーム」と使います。

単に計画を立てるのではなく、「目標達成に向けて、具体的な方法ややり方の構想を練ること」というニュアンスになります。

「計画(プラン)」よりも全体像がはっきりとしていることが重視されます。

「フロー」とは?

「フロー」の意味と概要について紹介します。

「フロー」の意味

「フロー」「ものごとの流れや流動性のこと」という意味です。

「フロー」の概要

「フロー」は英語で“flow”と書き、「流れ」「流動性」という意味があります。

ビジネス用語として使われる場合には、ものごとの流れを表す言葉に付いて使われます。

「キャッシュフロー」は、毎週、毎月ごとに会社の財務状況の変化を表した図表のことです。

「フローチャート」は、それぞれの部署でどの様に業務が流れているかを図式化したもののことです。

いずれも、ある期間、またはその作業における始まりから終わりまでの一連の流れを表しています。

「スキーム」と「フロー」の違い!

「スキーム」「ビジネスでの計画・構想・枠組みのこと」です。

「フロー」「ビジネスで一連の流れのこと」です。

まとめ

今回は「スキーム」「フロー」の違いをお伝えしました。

「スキームはビジネスの計画」「フローはビジネスの流れ」と覚えておきましょう。