「新車」と「新古車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新車」と「新古車」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新車」「新古車」の違いを分かりやすく説明していきます。

「新車」とは?

「新車」とは?

「新車」の意味と概要について紹介します。

意味

「新車」とは、「店頭で売買契約をした後にメーカーに発注されて製造される車のこと」です。

受注生産式で、陸運曲で登録手続きを行ってから納品されます。

概要

「新車」は、ディーラーに行き、担当者と相談しながら車種やオプション、ボディカラーなどを決めていきます。

試乗もすることが多く、値引きなどについても相談しながら決めていき、売買契約をした後にメーカーに発注されます。

陸運支局への登録手続きはディーラーで代行して貰えますが、納車までにそれだけ時間がかかり、1ヵ月程見ておく必要があります。

「新古車」とは?

「新古車」とは?

「新古車」の意味と概要について紹介します。

意味

「新古車」とは、「登録済未使用者」のことで、「登録されていて、使用されていない車両のこと」です。

車両的には新車なのですが、事務的には登録済みであることから「中古車」扱いになることを言います。

概要

「新古車」はあくまで通称であり、正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。

メーカーでは基本的に受注生産ですが、在庫を持つこともあります。

車両は製造後9が月を過ぎてしまうと、新車登録が出来なくなります。

その為に、在庫はディーラーが所有者として新車登録をすることになり、新車にもかかわらず中古車になってしまうのです。

「新車」と「新古車」の違い!

「新車」と「新古車」の違い!

「新車」は、「お客が購入契約をした後に製造されて、登録されてから納車される車両のこと」です。

「新古車」は、「新車をディーラーなどが購入、登録をした状態の車両のこと」です。

まとめ

まとめ

「新車」「新古車」は、事務手続き上の違いがあります。

車両としてはどちらも同じだと思って良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物