スポンサーリンク

「崇拝」と「尊敬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「崇拝」と「尊敬」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「崇拝」「尊敬」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「崇拝」とは?

崇拝とは、すうはいという読み方をする言葉です。

漢字で表記された文字を見れば理解出来る様に、尊いものとして扱うとか敬うといった意味がある崇の字と、おがむとか合掌するといった意味を持つ拝の字を組み合わせる事で生まれた言葉となっています。

だからこそ崇拝は、心から敬うや対象を敬いあがめるといった意味を有しているのです。

「崇拝」の使い方

崇拝は、人や物といった対象を敬いあがめる際に使われる言葉となっています。

特に崇拝は宗教といった思想に傾倒しつつ、その人物や神を敬う際に用いられる事が多い言葉です。

更にアイドル等を手の届かない存在だと自覚しながら、心の底から夢中になって応援する様も崇拝という言葉を用いて表現される事が少なくありません。

「尊敬」とは?

尊敬とは、そんけいという読み方をする言葉です。

文字の構成を見れば分かる様に、位が高いとか敬い大切にするといった意味を持つ尊に、うやまうとかうやうやしくするといった意味がある敬を付け足して誕生した言葉となっています。

そのため尊敬は、優れたものとして大切にするとか高い敬意を払う、といった意味を持つ言葉です。

「尊敬」の使い方

尊敬は、主に対象となる人物を敬う際に用いるべき言葉となっています。

なので具体的には、~を尊敬するとか、尊敬に値する、といった使い方で表現される事が多いです。

他にも尊敬を用いた表現としては、尊敬の念にたえない、という使い方で尊敬の念が一杯にある、という意味を表す事があります。

「崇拝」と「尊敬」の違い

崇拝と尊敬は、使用されている文字も読み方も全然違う言葉同士です。

ただし厄介なのが、どちらも敬うとか敬愛するといった意味を持つ言葉となっています。

そのためいざ2つの言葉を使い分けしようとすると、どちらをチョイスすべきかで迷う人も少なくありません。

もっとも崇拝の方は、対象を神の様にあがめる事を意味する言葉です。

手の届かない遠い存在と自覚しながら敬うというニュアンスの言葉となっています。

一方の尊敬は、優れた分野に功績を残したり優れた才能を持つ人物に対して用いる事が多い言葉です。

こういった模範となる様な人を目標として、敬愛する際にこの言葉を使う事が多くなっています。

「崇拝」の例文

・『彼はあのミュージシャンを心から崇拝しています』
・『私は神を崇拝しているので、毎日の祈りを欠かす事はありません』

「尊敬」の例文

・『彼はプロ野球選手になった先輩を尊敬しています』
・『私は数々の困難を乗り越えて今の成功を掴んだ社長を心から尊敬しています』

まとめ

2つの言葉は、使用されている文字も読み方も特に似通っている訳ではありません。

ですがどちらも対象を敬うといった似た様な意味を持つので、ややこしい所もあるのです。

もっとも崇拝の方は神や仏といった宗教的な信仰に対し、使用される事が多い言葉となっています。

或いは芸能人に対し、手の届かない存在だと自覚しながらも心の底から応援するといった時にもこの言葉が使用されるのです。

尊敬の方は、優れた実績や能力を持ち、目標とする様な人物に対し使用されるのが基本の言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物