スポンサーリンク

「前人未踏」と「前人未到」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「前人未踏」と「前人未到」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前人未踏」「前人未到」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「前人未踏」とは?

「前人未踏」とは?

前人未踏とは、ぜんじんみとうという読み方をすべき言葉です。

文字で表記されているのを見れば明らかですが、昔の人とかこれまでの人といった意味を持つ前人に、まだ足を踏み入れていないという意味を持つ未踏を組み合わせる事で成立している言葉となっています。

だからこそ前人未踏とは、今まで誰も足を踏み入れていない事を意味する言葉です。

「前人未踏」の使い方

前人未踏は、まだ誰も踏み入れていない場所とか領域に踏み入れた際に使用される事が多い言葉となっています。

具体的には誰も足を踏み入れた事のない場所の事を、前人未踏の地といった使い方で表現したりするのです。

なので探検家や冒険者と共に、この言葉が利用される事が多くなっています。

「前人未到」とは?

「前人未到」とは?

前人未到とは、ぜんじんみとうという読み方をする言葉となっているのです。

漢字で表記された文字を見れば分かる様に、先人や過去の人といった意味を持つ前人という言葉に、誰も到達した事がないという意味がある未到を付け足す事で誕生した言葉となっています。

そのため前人未到は、今まで誰も到達した事がない境地を表す言葉です。

「前人未到」の使い方

前人未到は、基本的にまだ誰も到達した事がない成績や記録に対してこの言葉が使われる事が多くなっています。

例えばスポーツで世界新記録を出した時には、前人未到の記録を達成した、といった表現をされる事が多いです。

他にもビジネス等で過去に例がない程に素晴らしい業績を上げた時にも、この前人未到という言葉が用いられています。

「前人未踏」と「前人未到」の違い

「前人未踏」と「前人未到」の違い

前人未踏と前人未到は文字を比較すれば分かる様に、最後の文字が踏か到かという違いがあるのです。

ですがややこしい事にどちらも同じく、ぜんじんみとうという読み方をする言葉同士となっています。

しかも言葉が持つ意味合いも似た所があるので、いざ使い分けをする際に悩んでしまう人は珍しくはありません。

もっとも文字の違いにより言葉が意味するニュアンスも違っており、前人未踏の方は踏という文字が使用されている事から、まだ誰も足を踏み入れていない場所や地域等を表す言葉です。

一方の前人未到の方は到の文字から、誰も到達していない成績や記録といった意味を表す言葉となっています。

「前人未踏」の例文

「前人未踏」の例文

・『探検家は船で前人未踏の地を目指す事となった』
・『人類にとって南極大陸は長い間、前人未踏の地でした』

「前人未到」の例文

「前人未到」の例文

・『彼女は努力を重ねた結果、遂に前人未到の記録を打ち立てました』
・『彼が社長に就任した途端に、会社は前人未到と呼べる程の業績を達成したのです』

まとめ

まとめ

2つの言葉は、読み方も同じで最後の文字が踏と到の違いしかありません。

ですがその文字により、表す意味合いが少し違っています。

前人未踏は、踏の文字が使用されている事で、誰も踏み入れた事がない土地を表す際に使われるのが基本です。

対する前人未到は、到の文字が使用される事で主に、誰も到達していなかった記録や業績を表す言葉となっています。