「普通のスポーツジム」と「パーソナルトレーニングジム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「普通のスポーツジム」と「パーソナルトレーニングジム」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「普通のスポーツジム」「パーソナルトレーニングジム」の違いを分かりやすく説明していきます。

「普通のスポーツジム」とは?

健康維持のための器具や施設を有し、専門のインストラクターによる指導を受けられる会員制のクラブのことです。

このクラブには、体を動かすためのマシン、エアロビクスやヨガなどの運動をするためのスタジオ、プールなどが備えられています。

マシンには、トレッドミル、バイク、ダンベルなどがあります。

どのようなマシンを備えているかは、施設によって異なります。

スタジオでは、エアロビクス、ダンス、ヨガなどのプログラムを行っています。

これらのプログラムは、専門のインストラクターの指導のものと行われます。

プールでは、泳いだり、歩行をしたり、水中エアロビクスをしたりできます。

運動をすることが目的なので、流れるプールや波のでるプールなどはなく、25mプールのような形のものが一般的です。

これらは、会員になることで利用できます。

施設によっては、専門のインストラクターがマシンの使い方を指導してくれます。

インストラクターは、つきっきりではありません。

また、指導は正しい運動方法が身につくまでであることが一般的です。

「普通のスポーツジム」の使い方

健康維持のための器具や施設を備えている、会員制のクラブを指して使用します。

専門のインストラクターがいますが、長期的な1対1の指導は行っていません。

ひとりひとりが自由に施設を使用することができます。

「パーソナルトレーニングジム」とは?

専門のトレーナーがつきっきりで指導をしてくれる、トレーニングを行うための施設です。

このジムを利用するためには、会員になる必要があります。

会員になると専属トレーナーがつきます。

専属トレーナーは、会員の体力や体型を調べ、目標を聞き出し、ひとりひとりにあったトレーニング方法を提案します。

トレーニングをするときには、1人につき1人のトレーナーがつきっきりで指導をします。

マシンの使い方はもちろん、トレーニング中の姿勢などについても指導をしてくれます。

このジムでは、食事指導をしてくれることもあります。

トレーナーが食事指導をすることもあれば、栄養管理士が行うこともあります。

トレーニングは個室で行われることが多く、人目が気になりません。

「パーソナルトレーニングジム」の使い方

1対1で指導してくれるトレーニングジムのことを指して使用します。

ひとりひとりにあった指導を長期的に行ってくれます。

「普通のスポーツジム」と「パーソナルトレーニングジム」の違い

まず、指導の有無に違いがあります。

前者はトレーナーによる指導がない場合が一般的です。

指導してもらえる場合でも、マシンの使い方程度です。

そして、長期的ではありません。

後者はひとりひとりにあったトレーニング方法を長期的に指導してくれます。

そして、食事指導の有無にも違いがあります。

前者は食事指導がないことが一般的で、後者は食事指導があります。

まとめ

どちらも運動するための施設を指していますが、指導をしてくるか、食事管理があるかといった点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物