スポンサーリンク

「レゾンデートル」と「アイデンティティ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レゾンデートル」と「アイデンティティ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「レゾンデートル」「アイデンティティ」はどちらも、存在の意義や自分らしさに関係する単語です。

何となくイメージは掴んでいるものの、どう違うか説明を求められたら困るかも知れません。

そこで、この記事では、「レゾンデートル」「アイデンティティ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レゾンデートル」とは?

「レゾンデートル」とは?

「レゾンデートル」はフランス語で、和訳すると存在意義・存在価値を示す言葉です。

哲学や文学界で良く使われる単語として知られています。

他者の中で自身が、いかにして個として周囲と区別され、一人の人間として存在するかを考えるのが特徴です。

この言葉は、特にその存在の中核・核心部分を意味しており、これなしでは、その存在は成立しえません。

言い換えれば、「レゾンデートル」を失った場合は、別の存在になってしまいます。

「アイデンティティ」とは?

「アイデンティティ」とは?

「アイデンティティ」は英語で、和訳すると同一性を意味します。

その意味は、自身が認める自分らしさがあり、それを周囲からも認識されていること。

自身の認識と行動、社会からの認識が一致されます。

この同一性が喪失した場合は、「アイデンティティ」が失われたと表現することが多いです。

自分の認識通りに行動ができない場合や、社会がその人の個性を認めない場合が、典型例と言えます。

「レゾンデートル」と「アイデンティティ」の違い

「レゾンデートル」と「アイデンティティ」の違い

「レゾンデートル」「アイデンティティ」の違いを、分かりやすく解説します。

これらの言葉を区別する要点は、それを失った時に交換できるか否かと言う部分です。

「レゾンデートル」を失うと、その存在は維持されません。

しかし、「アイデンティティ」を失っても存在自体は存続し、別の自分らしさを見つけることが可能です。

具体的に見ていきましょう。

深紅のバラにとっては、赤くあることが「レゾンデートル」です。

しかし、バラにとってはそうではありません。

赤でも青でも、その色自体は「アイデンティティ」なのです。

今、読者が眺めているディスプイは、視覚情報を表示することが「レゾンデートル」になります。

サイズや映像の走査方式、描画エンジンの違いは「アイデンティティ」です。

日本人で言えば、和食を食べるのをやめたり、髪の毛を染めても、日本人としては存続します。

一部の「アイデンティティ」は失っても、日本人であると言う、我々の存在自体は消えません。

もし、それを失うと日本人とは言えない要素があれば、それが我々にとっての「レゾンデートル」と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

「レゾンデートル」「アイデンティティ」の違いについて解説してきました。

参考になれば幸いです。

両者ともに自分らしさを現しますが、「アイデンティティ」は変更ができる要素なものの、「レゾンデートル」はそうではないと覚えておきましょう。

存在を定義する上で、より核心部分に近いのが「レゾンデートル」です。

意味を明確にしたついでに、自身にとっての存在意義を考えてみてはいかがでしょう。