スポンサーリンク

「断片」と「破片」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「断片」と「破片」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「断片」「破片」は、大きさに違いによって使い分けることがあります。

スポンサーリンク

「断片」と「破片」の違い

「断片」と「破片」の違い

「断片」「破片」も、共に何かの欠片(かけら)という意味で使われる言葉です。

「断片」の方は、それが比較的大きい時に用いられることが多く、「地図の断片だけ見付かった」のような使い方になります。

「破片」は、細かいそれに対して使われる言葉で、「花瓶を落として壊したらしく、その破片が散らばっている」などと使うことが多いです。

意味としての違いはなく、どちらが表現として向いているかによって使い分けてください。

「断片」と「破片」の使い方の違い

「断片」と「破片」の使い方の違い

それぞれの大きさ以外に、「断片」は、物理的ではない対象にも使うことができるという違いがあります。

例として、「その話は断片だけ聞いたが、とても賛成できない」といったような使われ方になり、「断片的な~」という表現ができるのはこちらの言葉だけです。

まとめ

まとめ

「断片」「破片」は、対象の大きさに違いの違いになります。

「断片」は、それ以外に先のような使い方もできると覚えておきましょう。