スポンサーリンク

「銀行ローン」と「カードローン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「銀行ローン」と「カードローン」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「銀行ローン」「カードローン」という言葉について、色々な面から解説していきます。

スポンサーリンク

「銀行ローン」と「カードローン」の違い

「銀行ローン」と「カードローン」の違い

「銀行ローン」と呼ばれる中には「カードローン」形式なものも存在している為、これらの言葉は一緒に意味になる場合があります。

「銀行ローン」は、銀行から借り入れを行うことになるローンの総称で、「住宅ローン」もその1つです。

その為、一口に「銀行ローン」と言っても、どのようなローン契約なのかが違いますが、全てに共通して言えるのは、銀行法に基づく貸借契約となる点で、原則的に融資金額の上限が定められていません。

ただし、無担保融資になるカードローン形式では、概ね年収の1/3までとなっているのが通例です。

「カードローン」は、その名前の通り、発行されたカードを使って、設定されている限度額の範囲で自由に借り入れや返済が行える仕組みのローン契約になります。

銀行や消費者金融から提供されており、どちらの場合も毎月一度の返済日には、ミニマムペイメントと呼ばれる借り入れ金額によって異なる最低額の返済(これに利息が含まれます)が義務となります。

それさえきちんと守っていれば、いくら借りていても返済の催促を受けるようなことはありません。

「銀行ローン」を使った例文と意味を解釈

「銀行ローン」を使った例文と意味を解釈

「銀行ローン」を使った例文と、その意味の解釈になります。

「銀行のカードローン」のことをこのように呼ぶ人も多いです。

「銀行ローンなので、消費者金融より多少金利が低く済んでいる」

同じカードローンでも銀行のそれだと利息が年率15%弱のことが多く、消費者金融では概ねどこでも18%となっています。

この違いは、銀行は預金を貸し出しに回せる為で、預金業務が行えない消費者金融では、どうしても銀行より高い利息になってしまいます。

よって、カードローンなら銀行を利用するべきだと言えるかも知れませんが、消費者金融の方がコンビニのATMに対応しているなど、利用が便利だったり、銀行より審査が多少甘いといった特徴がある為、どちらがいいと言い切ることはできません。

「カードローン」を使った例文と意味を解釈

「カードローン」を使った例文と意味を解釈

こちらは「カードローン」を使った例文と、その意味の解釈になります。

この利用で怖いのは、以下の例文のようなケースだと言えるでしょう。

「手持ちのカードローンでまだ20万円も借りることができるので、お金の心配はない」

カードローンの限度額を、まるで預金とでも勘違いしてしまっていると考えられる発言です。

そのように考えてしまうと、限度額など簡単に使い切ってしまい、後は返済にしかできなくなってしまいます。

カードローンは、この勘違いだけはしないように注意した上で利用してください。

まとめ

まとめ

「銀行ローン」「カードローン」は、このような関係にあります。

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンは利用に関してはほとんど同じながら、利息は銀行の方が多少低いという特徴があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物