スポンサーリンク

「貴学」と「貴校」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貴学」と「貴校」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貴学」「貴校」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貴学」とは?

「貴学」とは?

「貴学」は、対象となる人物の学校を意味し、特に大学のことを意味します。

その上で「貴学」は尊敬語で、尊敬しているが故にあなたの学校はどうであると述べるために貴公という言葉の敬意ある言葉遣いをしています。

敬意を表さずに大学に行っていることを問いたい場合、本学や大学はどこであるかを問えばよいでしょう。

「貴校」とは?

「貴校」とは?

「貴校」は尊敬を込めて、大学以外の学校を意味します。

その為、専門学校は大学ではないので、「貴校」扱いになります。

「貴学」と「貴校」の違い

「貴学」と「貴校」の違い

「貴学」「貴校」の違いは、大学を指すかそれ以外の学問をつかさどる学校であるかです。

両者ともに相手に対して失礼が無いよう貴族の貴の文字を使用して相手に対し、敬意を払って大学やそれ以外の学校を問う場合に使用します。

「貴学」の例文

「貴学」の例文

・『貴学に入学したいのですが』 この例は、尊敬を込めてあなたの大学に入学したいと述べた例です。

「貴学」は、対象となる人物の学校を意味し、面接では面接官がいる学校のことを意味します。

無論、面接官側は「貴学」という言葉を使用したことで対象者が自分が存在している学校に対して敬意を表していることを感じ取るため、評価次第では面接の評価は、「貴学」を使用したものは高まる可能性があります。

「貴校」の例文

「貴校」の例文

・『貴校にて、私を教師にして頂けませんか』

この例は、あなたの学校で私を教師にして貰えないかという例で、対象者に敬意を払い学校に対しても敬意を表すことで学校の教師になれないかという相談をしています。

ただ、このケースの場合、一応学があり対象となる物に敬意を表していることはうかがい知れますが、あくまで「貴校」という部分から額があるかもしれないというだけをうかがうことが可能で、実際に対象者が教養から「貴校」という言葉を使用したかは謎です。

つまり、面接などのマニュアルで「貴校」という言葉を使用しておけばポイントが高いと言う浅知恵で「貴校」を使っていた場合、ボロが出て教養の無さが露見することもあり、特に私学などでは国語の教師などは教養を面接官が見ますので教養がないと判断される可能性も否定できません。

まとめ

まとめ

「貴学」「貴校」は、話を切り出す側が話をする側の学校を問う場合使用する言葉で、「貴学」は大学のこと「貴校」は大学以外の学校施設であると覚えておくとよいです。

その上で、「貴校」「貴学」は両者ともに相手側を尊敬して相手の顔色をたてる気持ちで使用するため、尊敬語ではありますが、それと同時にへりくだりでもあります。

つまり、自分側にアドバンテージがないが故、若干ながらへりくだり対象の顔色をたてつつ自分の要望を叶えたい場合、使用するのがこの言葉で、実はこの言葉には嫌われる要素があり、この言葉を嫌う理由については、受け手側は相手側が自分の要望を叶えたいという下心が見えるが故、この2者の言葉は嫌いだという声もあるのです。