スポンサーリンク

「ナンパ待ち」と「逆ナン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ナンパ待ち」と「逆ナン」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ナンパ待ち」「逆ナン」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ナンパ待ち」とは?

「ナンパ待ち」とは?

「ナンパ待ち」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ナンパ待ち」は、「男性にナンパをされるのを、待っている女性のこと。

またその行為」
という意味があります。

素敵な男性にナンパをされるのを、待っている女性のことを意味します。

例えば、街中を暇そうに歩くことにより、男性が声をかけてくるように仕向けている場合は、「ナンパ待ち」と言うことができます。

男性からすれば、手当たり次第に女性をナンパするよりも、ナンパされたいと思っている女性に声をかけた方が手っ取り早いため、そのような女性を探そうとするはずです。

この場面を「ナンパ待ちの女性を探す男性」などと言い表すことができます。

他にも、「この通りは、ナンパ待ちの女性が多いと噂だ」とか、「あの女性はもう30分もあそにいるから、ナンパ待ちの女性に違いない」などという文章を作ることができます。

「逆ナン」とは?

「逆ナン」とは?

「逆ナン」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「逆ナン」「逆ナンパ」の略語になります。

「逆ナン」「女性から声をかけて、男性をナンパすること」という意味があります。

一般的に「ナンパ」をするのは男性だという、共通認識が社会にあるためです。

世の中の男性が、どちらかと言えば草食系に傾いていく中、肉食系のたくましい女性が増える傾向があり、このような逆転現象が生まれるようになりました。

例えば、街を歩いていたら、綺麗な女性に声をかけられて、「これから食事に行かない」と言われた場合は、「逆ナン」となります。

「綺麗な女性に、逆ナンされた」と言うことができます。

積極的に女性に声をかけられない男性は、女性から声をかけられるのを待っている可能性があります。

このような男性は、女性にナンパされたいという思いから、「女性に逆ナンされたいな」などと呟くかもしれません。

「ナンパ待ち」と「逆ナン」の違い

「ナンパ待ち」と「逆ナン」の違い

「ナンパ待ち」「逆ナン」の違いを、分かりやすく解説します。

「ナンパ待ち」は、「男性にナンパをされるのを、待っている女性のこと。

またその行為」
という意味があります。

一方で、「逆ナン」「女性から声をかけて、男性をナンパすること」という意味があります。

どちらの言葉でも、女性は男性との出会いを求めていることになりますが、「ナンパ待ち」は、待ちの姿勢なのに対して、「逆ナン」は、攻めの姿勢という違いがあります。

このように、男性との出会いを求める女性が、男性にナンパされるのを待つ様子を「ナンパ待ち」と言い、女性自ら男性をナンパする行為を「逆ナン」と呼ぶという違いがあります。

まとめ

まとめ

「ナンパ待ち」「逆ナン」の違いについて見てきました。

どちらも、男性との出会いを求める女性についての言葉ですが、明確な意味の違いがあることがわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物