スポンサーリンク

「閻魔様が使う閻魔帳」と「教師が使う閻魔帳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閻魔様が使う閻魔帳」と「教師が使う閻魔帳」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「閻魔様が使う閻魔帳」「教師が使う閻魔帳」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「閻魔様が使う閻魔帳」とは?

「閻魔様が使う閻魔帳」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「閻魔様が使う閻魔帳」「えんまさまがつかうえんまちょう」と読みます。

「閻魔様が使う閻魔帳」は、「仏教説話や地獄の伝承などにおいて、閻魔大王が死者の生前の名前、行動などに対して、善悪を記しておくとされる帳簿」という意味があります。

閻魔大王は、あの世とこの世を分ける境目にいるとされています。

閻魔大王は「閻魔帳」の内容を見て、その人が天国や極楽に行くか、または地獄に行くかを裁判します。

「閻魔帳」に、生きていたころの悪事が掲載されていたら、地獄行きとなります。

一方で、善い行いが書かれていた場合は、天国や極楽行きになります。

「教師が使う閻魔帳」とは?

「教師が使う閻魔帳」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「教師が使う閻魔帳」「きょうしがつかうえんまちょう」と読みます。

一般的に「閻魔帳」には、「対象となる人を評価するため、生活態度や行動をメモしておく帳面」という意味があります。

例えば、会社の人事を担当する人が、社員の素行をメモしておき、人事査定に影響を与えます。

「教師が使う閻魔帳」の場合は、「教員が生徒の成績や出欠、行状を記録しておく手帳や帳面」を意味します。

内申書への影響が強く、「教師が使う閻魔帳」に記載された内容によって、生徒の進学に大きな影響が出たり、卒業できるか否かという判断に影響を与えることがあります。

「教師が使う閻魔帳に、何が書かれているか気になる」「教師が使う閻魔帳に、良いことを書かれるように、態度をよくする」などという文章を作ることができます。

「閻魔様が使う閻魔帳」と「教師が使う閻魔帳」の違い

「閻魔様が使う閻魔帳」「教師が使う閻魔帳」の違いを、分かりやすく解説します。

「閻魔様が使う閻魔帳」は、「仏教説話や地獄の伝承などにおいて、閻魔大王が死者の生前の名前、行動などに対して、善悪を記しておくとされる帳簿」という意味があります。

一方「教師が使う閻魔帳」の場合は、「教員が生徒の成績や出欠、行状を記録しておく手帳や帳面」を意味します。

「閻魔様が使う閻魔帳」は、死んだ人があの世で、地獄行きか天国または極楽行きかを決める帳簿を意味し、「教師が使う閻魔帳」は、生徒の内申書の内容を決めるような、メモ帳を意味します。

学生にとって重要なのは「教師が使う閻魔帳」で、生きている、信心深い人にとって重要なのは、「閻魔様が使う閻魔帳」と言うことになります。

まとめ

「閻魔様が使う閻魔帳」「教師が使う閻魔帳」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、大きな意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物