「出張買取」と「宅配買取」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出張買取」と「宅配買取」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

巷で人気のある店舗にリサイクルショップがあります。

衣料・家電製品・家具・電子製品などジャンルは多岐に渡りますが、物は古くても、安価に購入することができます。

その一方で、廃棄処分する製品を買い取ることもしています。

その時に出てくるキーワードが、「出張買取」「宅配買取」です。

今回は、これら「出張買取」「宅配買取」について見ていくことにします。

「出張買取」と「宅配買取」各々の解釈

「出張買取」と「宅配買取」各々の解釈

まず、「出張買取」「宅配買取」各々の言葉の意味を解釈していきます。

「出張買取」の意味や使い方

「出張買取」とは、「リサイクルショップや中古買取店のスタッフが顧客の自宅に伺って、査定・買取・運び出しまで行うサービス」のことです。

「当店では、出張買取をしています」というような使い方をしています。

家具でも、購入してから10年以内や、家電は製造年10年以内を対象にしたりと、一定の条件で、「出張買取」をする業者もいます。

「宅配買取」の意味や使い方

「宅配買取」は、「ダンボールや紙袋に梱包した服や電子機器などを買取店に宅配で送り、査定・買取を受けるサービス」です。

特に店舗が遠方にある場合もなどに、便利なサービスですが、仕事で忙しい人にもおすすめです。

「出張買取」と「宅配買取」の違い

「出張買取」と「宅配買取」の違い

では、「出張買取」「宅配買取」には、どのような違いがあるか、今一度、整理してみましょう。

「出張買取」「中古買取店スタッフが顧客の自宅に伺って、査定・買取・運び出しをするサービス」のことで、「宅配買取」「ダンボールなどに梱包した物を買取店に宅配で送り、査定・買取を受けるサービス」となります。

両者とも、査定を受けて買い取ってもらうサービスですが、その形態が異なっています。

「出張買取」と「宅配買取」各々を使った例文と意味を解釈

「出張買取」と「宅配買取」各々を使った例文と意味を解釈

ここで「出張買取」「宅配買取」各々の言葉を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにします。

「出張買取」を使った例文と意味を解釈

「当店の出張買取は、出張費・査定料・搬出代金が一切不要です」

店舗に持込みが面倒な家具や家電を売却する時には、「出張買取」をすることで、とても楽に売却することができます。

「宅配買取」を使った例文と意味を解釈

「宅配買取を希望する方は、インターネットから当店のWebにアクセスしてお申込みください。送料・査定料・返送料は無料です」

売りたい品物を段ボールに入れて送り、売却することができる「宅配買取」を利用する場合、免許証や保険証などの身分証明書の画像データをWebにアップロードして提出するケースがほとんどです。

これも多忙な人には便利なサービスです。

まとめ

まとめ

「出張買取」「宅配買取」という言葉の意味や使い方を条件してきました。

今や、使い古した物を廃棄するのではなく、中古買取店に売却することで、余計な費用を使うことがなくなります。

とても便利な世の中になったものです。