スポンサーリンク

「効果測定」と「仮免学科試験」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「効果測定」と「仮免学科試験」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

教習所に通うと「効果測定」「仮免学科試験」を受けることになります。

このふたつはどのように違うのでしょうか。

今回は、「効果測定」「仮免学科試験」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「効果測定」とは?

「効果測定」とは?

「効果測定」とは、「運転免許の学科試験に合格できるかどうか実力をみるために行われる模擬試験」を意味する言葉です。

大事な試験を受ける前には予行演習として本番を再現した模擬試験を受けるのが一般的です。

模擬試験を受けることで合格できる実力があるかをチェックするとともに足りない部分やミスしてしまった箇所を訂正し実力をさらに引き上げるのに役立ちます。

「効果測定」「自動車教習所で実施される免許試験対策の模擬試験」を指す言葉です。

「学科教習の効果が身についているかどうかを測定するための模擬試験」が言葉の由来とされており教習所以外では使われることのない専門用語です。

「効果測定」の問題は教習所が作成したものです。

長年の経験と対策により本番で出題される問題が忠実に再現された「効果測定」は学科試験対策として高い効果を発揮します。

指定自動車教習所のカリキュラムは法律によって定められていますが「効果測定」はカリキュラムの範囲外であり教習所が独自に実施する試験対策なので教習所により違いはありますが基本的には何回でも受けられます。

「効果測定」の使い方

・『学科教習の成果を効果測定で確かめる』
・『効果測定で合格点をとらないと次の段階に進めない』
・『効果測定で5回連続満点をとる』
・『明日の学科試験本番に備えて効果測定に挑戦する』

「仮免学科試験」とは?

「仮免学科試験」とは?

「仮免学科試験」とは、「仮免許を取得するために行われる学科試験」を意味する言葉です。

自動車の教習では教習所内で行われる教習を終えてから公道で行われる路上教習が行われます。

公道で自動車の教習を受けるには「仮免許」が必要です。

仮免許は「路上で教習を受けるために必要な運転免許」であり法律が定める試験に合格しないと取得できません。

「路上教習に必要な仮免許を取得するための学科試験」「仮免学科試験」です。

「仮免学科試験」は法律で定められた正式な試験であり国から委託される形で教習所において実施されるほか運転免許試験場でも受験可能です。

「仮免学科試験」「仮免技能試験」に合格すると仮免許取得となり路上教習を受けられます。

「仮免学科試験」の使い方

・『明日の仮免学科試験に備えて早く寝ることにした』
・『仮免学科試験の問題はひっかけに注意が必要だ』
・『学科教習をきちんと受けていれば仮免学科試験に合格できるはずだ』
・『仮免学科試験に落ちてしまうと路上教習を受けられない』

「効果測定」と「仮免学科試験」の違い

「効果測定」と「仮免学科試験」の違い

「効果測定」「仮免学科試験」の違いは「練習と本番」です。

「効果測定」は本番の試験前に受ける教習所独自の模擬試験です。

本番を忠実に再現した問題が出題されますが実力を見るための模擬試験なので合格点に届かなくてもデメリットはありません。

「仮免学科試験」は法律で定められた仮免習得に必要な試験です。

受験料が必要なほか不合格になると仮免許を取得できず路上教習に出られません。

まとめ

まとめ

「効果測定」「仮免学科試験」は免許取得に向けての大事なステップです。

「効果測定」で実力を磨き安定して合格点をとれるようになってから「仮免学科試験」を受けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物