スポンサーリンク

「オートクチュール」と「オーダーメイド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オートクチュール」と「オーダーメイド」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オートクチュール」「オーダーメイド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オートクチュール」とは?

「オートクチュール」とは?

「オートクチュール」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オートクチュール」「haute couture」とフランス語表記します。

「オートクチュール」「高級衣装店。

特にパリの高級衣装店協会に加盟している店」
という意味があります。

パリ・クチュール協会の加盟店のことを「オートクチュール」と呼び、また、そのような店で、注文によって縫製される、オーダーメイド1点物の高級服を「オートクチュール」と呼びます。

ちなみに「オートクチュール」「オート」「高い、高級」を意味する言葉で、「クチュール」は、「縫製、仕立服」という意味があります。

「オートクチュール」によるファッションショーとして有名なのが「パリ・コレクション」で、「パリコレ」と呼ばれています。

また「オートクチュール」と呼ばれる店として、「シャネル」「クリスチャンディオール」「ジバンシー」「ゴルチエパリ」などがあります。

「せっかくパリに来たのだから、オートクチュールで服を仕立ててみたい」などという文章を作ることができます。

「オーダーメイド」とは?

「オーダーメイド」とは?

「オーダーメイド」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オーダーメイド」「meda-to-order」と英語表記します。

「オーダーメイド」という言葉は、注文を意味する「オーダー」と、「作る」を意味する「メイド」を組み合わせた和製英語になります。

「オーダーメイド」は、「注文して作ったもの。

あつらえ品」
という意味があります。

例えば、服の場合は、すでに服として出来上がっていて、棚につるされて売られている服とは違い、その人の体型に合わせて作り上げる1点ものの服を、「オーダーメイド」と言います。

他にも、家を新築するとき、家の形に会わせて家具をあつらえる場合、「オーダーメイド家具」と呼ぶことができます。

「オートクチュール」と「オーダーメイド」の違い

「オートクチュール」と「オーダーメイド」の違い

「オートクチュール」「オーダーメイド」の違いを、分かりやすく解説します。

「オートクチュール」「高級衣装店。

特にパリの高級衣装店協会に加盟している店」
という意味があります。

一方の「オーダーメイド」は、「注文して作ったもの。

あつらえ品」
という意味があります。

洋服の1点物に対して、「オートクチュール」「オーダーメイド」は似た意味を持ちますが、「オートクチュール」は、「オーダーメイド」の中でも、パリの高級衣装店協会に加盟している店で作られたものだけを指します。

日本の衣装店で1点物の服を作った場合は「オーダーメイド」なのに対して、シャネルやクリスチャンディオールで服を作った場合は、「オートクチュール」という違いがあります。

まとめ

まとめ

「オートクチュール」「オーダーメイド」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物