スポンサーリンク

「惨敗」と「大敗」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「惨敗」と「大敗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「惨敗」「大敗」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「惨敗」とは?

「惨敗」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「惨敗」「ざんぱい」と読みます。

「惨敗」は、「酷い負け方をすること」という意味があります。

勝負をしたとき、ただ負けるだけでなく、酷い負け方だと感じたときに、「惨敗」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ボクシングの試合をしたときに、一方的に相手選手に殴られてしまい、何もできずにKO負けしてしまった場合は、負け方の中でも酷い負け方と言えます。

そこで、「ボクシングの試合で、惨敗を喫するボクサー」などと表現することができます。

また、選挙に挑んだ政党が、期待している議席を大幅に下回る結果に終わってしまったとき、酷い負け方だと感じるかもしれません。

そのようなとき、「選挙で惨敗する」と言うことができます。

他にも、「恋敵との勝負に惨敗し、好きな人を連れ去られてしまう」「試験で惨敗し、合格には程遠い出来だった」などという文章を作ることができます。

「大敗」とは?

「大敗」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「大敗」「たいはい」と読みます。

「大敗」「酷く負けること。

スポーツなどで大差で負けること」
という意味があります。

勝負をしたときに、酷く負けるとき、特にスポーツの試合などで、大差で負けてしまった場合は「大敗」という言葉を使ってみましょう。

たとえば、サッカーの試合は、1試合で、2点から3点程度を取り合うのが常識的になっています。

しかし、10点取られて負けてしまった場合は、大差で負けたと言えるため、「サッカーで大敗する」と言うことができます。

また、野球の試合で、選手の集中力が切れて、エラーや四球が連発し、20点取られて負けてしまうような場合は「ミスが続いて、大敗してしまった」などという文章を作ることができます。

このように、大差で負けてしまった時は「大敗」を使うようにしましょう。

「惨敗」と「大敗」の違い

「惨敗」「大敗」の違いを、分かりやすく解説します。

「惨敗」は、「酷い負け方をすること」という意味があります。

「大敗」「酷く負けること。

スポーツなどで大差で負けること」
という意味があります。

どちらも、酷く負けることを意味する言葉になります。

ただし、「大敗」には、スポーツの試合などで大差をつけられて負けるというニュアンスがあります。

このように、勝負にひどい負け方をしたときは、「惨敗」を使い、スポーツの試合などで大差負けを喫したときは、「大敗」を使うようにしましょう。

まとめ

「惨敗」「大敗」の違いについて見てきました。

どちらも勝負において酷い負け方をすることを意味する言葉ですが、大差で敗れる時は、「大敗」という言葉を使うことが分かりました。

2つの言葉の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物