「性能設計」と「仕様規定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「性能設計」と「仕様規定」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「性能設計」「仕様規定」は類似した意味合いを連想させる混同しやすい二つの言葉ですが、「性能設計」「仕様規定」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「性能設計」「仕様規定」の意味の違いを詳しく解説していきます。

「性能設計」とは?

「性能設計」とは?

「性能設計(せいのうせっけい)」という言葉は、「新技術・新工法なども前向きに採用して、製品・機械・構造物に求められる性能を精査してそれを実装しようとすること」を意味しています。

「性能設計」とは、「製品に求められる性能を、新技術・新工法(新しいやり方)も駆使して実現しようとする計画」を意味する用語なのです。

「仕様規定」とは?

「仕様規定」とは?

「仕様規定(しようきてい)」という用語は、「製品・機械・構造物などの詳細な規格および性能機能などをあらかじめ定めておくこと」の意味を持っています。

「仕様規定」とは、「旧来の技術・工法(やり方)を組み合わせて製品に求められる詳細なスペックを再現しようとすること」を意味する用語です。

「性能設計」と「仕様規定」の違い!

「性能設計」と「仕様規定」の違い!

「性能設計」「仕様規定」の違いを、分かりやすく解説します。

「性能設計」「仕様規定」「製品・構造物の機能・特徴に関連する言葉」ですが、「性能設計」のほうが「仕様規定」よりも、「新技術・新工法の積極的な導入によって求められる性能を実現しようとする前提がある」という違いがあります。

「性能設計」という言葉は「製品・構造物などに備えたい性能とその性能を実現するための技術を考えて計画すること」を意味していますが、「仕様規定」というのは「ある製品・構造物が備えていなければならない規格・性能機能の具体的な内容・数字を定めておくこと」を意味しているという違いがあります。

「性能設計」「新技術・新工法を重視した性能の実現」という前提が置かれていますが、「仕様規定」「従来の技術・工法を組み合わせた仕様(スペック)の達成」の前提が置かれている違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「性能設計」「仕様規定」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「性能設計」という言葉は、「新技術なども採用して、製品・機械・構造物に求められる性能を精査して実装しようとすること」を意味しています。

それに対して、「仕様規定」というのは「製品・機械・構造物などの詳細な規格・性能機能などを定めておくこと」の意味を持っています。

「性能設計」「仕様規定」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の内容を読んでみてください。