スポンサーリンク

「別れる」と「分かれる 」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「 別れる」と「分かれる 」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「別れる」「分かれる」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「別れる」とは?

「別れる」とは?

「別れる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「別れる」「わかれる」と読みます。

「別れる」は、「一緒にいたものが離れ離れになる。

互いに離れて去る」
という意味があります。

例えば、会社から駅まで一緒に歩いてきた同僚同士が、駅前で離れ離れになり、それぞれの帰途につく場合、「駅で同僚と別れる」ということができます。

次に、「夫婦や恋人などが、それまでの関係を解消する」という意味があります。

結婚して三年経った時、性格の不一致を感じて、別々に暮らそうとするとき、「結婚三年目に、夫婦は別れを決めた」などという文章を作ることができます。

同じように、恋人と離れ離れになることを決めた場合は、「恋人と別れた」などと言うことができます。

さらに「別れる」には「死別する」という意味があります。

仲のよかった友達が病気などで亡くなってしまった時、「友だちと別れた」などと表現することができます。

「分かれる」とは?

「分かれる」とは?

「分かれる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「分かれる」「わかれる」と読みます。

「分かれる」「一つのものが二つ以上になること」という意味があります。

例えば、一本道を歩いていたら、先で二つの道に分かれた場合、「一本道が先で二手に分かれる」などと表現することができます。

また、「分かれる」には、「一つのものが、いくつかに区分される」という意味があります。

例えば、同じ部署のメンバーが、三つの班に区分される場合、「部署が三班に分かれることになった」などという言葉を使うことができます。

さらに「分かれる」には「区別がつく。

差違を生じる」
という意味があります。

会議中に、参加者の意見に差違が出て、二つ以上の意見に区別できるようになる時、「会議中に参加者の意見が分かれた」という文章にできます。

「別れる」と「分かれる」の違い

「別れる」と「分かれる」の違い

「別れる」「分かれる」の違いを、分かりやすく解説します。

「別れる」は、「一緒にいたものが離れ離れになる。

互いに離れて去る」
、また「夫婦や恋人などが、それまでの関係を解消する」という意味があります。

一方で「分かれる」は、「一つのものが二つ以上になること」という意味があります。

このように、「別れる」という言葉を使う場合は、人と人が離れ離れになることを意味するのに対して、「分かれる」は、人や物など、様々なものが別々になるという意味の違いがあります。

まとめ

まとめ

「別れる」「分かれる」の違いについて見てきました。

人と人が離れ離れになる時は、「別れる」を使い、物や事などが別々に鳴るような場合は、「分かれる」を使うようにしましょう。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。