スポンサーリンク

「些末」と「瑣末」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「些末」と「瑣末」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「些末」「瑣末」の違いを分かりやすく説明していきます。

同じ読み方の熟語を、正しく線引きしていきましょう。

スポンサーリンク

「些末」とは?

些末(さまつ)とは、少しばかりのこと。

僅かばかりしかなく、ぽつぽつとしか無い様子をあらわしています。

「ちょっと・少々」をつたえる言葉です。

「些末」という熟語には「些」「末」という漢字がはいっています。

「些」には「いささか」という訳があります。

そして「末」には「重要ではない事柄」という意味があります。

「いささか」は少しという用語なので、取るに足りないようなものが「些末」です。

話題にするまでもない小さなこと、議論に出すのもおかしいくらい、つまらないものが「些末」です。

そのため「些末な問題」というと、その人にとっては重要ではない問題という意味になります。

「些末に思える」で、たかが知れている話になります。

「瑣末」とは?

瑣末(さまつ)とは、重要ではないこと。

小さな問題をあらわします。

大きな仕事ではない、細々とした小さな雑用を含むこともあります。

細かくてわずらわしいもの、小さなやっかい事が瑣末です。

「瑣末」には難解漢字のひとつである「瑣」がはいっています。

「瑣」とは「細かくてうるさいもの・足を引っ張るもの」というニュアンスがあります。

「末」「大切ではない事柄」なので、気が滅入るような細かい事柄、小さいけれどもやらなければならない作業が「瑣末」になります。

手を付けたくないけれども、いずれは取り掛からなければないもの。

後回しにしたくなる事柄が「瑣末」です。

「些末」と「瑣末」の違い

どちらも「さまつ」と読めるので、使い分けが難しいです。

「些末」「瑣末」の違いを、分かりやすく解説します。

・軽んじるものが「些末」面倒なものが「瑣末」
「些末」「瑣末」はどちらも、辞書では同じくくりで扱われています。

共通の訳として「小さなこと・重要ではないこと」という意味があります。

そのため、おしなべて同じように使って問題ありません。

ただ「些末」「瑣末」をもっと細かく見ていくと、小さなニュアンスの違いがあります。

「些末」には、価値のあるものとして見ないという訳があります。

そのため軽視しているもの、事柄には「些末」をつかいます。

一方で「瑣末」には、小さいけれども手間がかかるものという訳があります。

重要ではないけれども、わずらわしい細々としたものには「瑣末」を用いていきます。

下に見たくなるような小さな問題を「些末」、手間がかかるため避けたい課題が「瑣末」です。

まとめ

「些末」「瑣末」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「さまつ」と読めます。

共通した訳として「重要ではない・小さな問題」という意味があります。

軽視するものが「些末」であるのに対して、手間のかかる小さな作業を「瑣末」といいます。

小さなニュアンスの違いを知って、できる大人を目指していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物