スポンサーリンク

「重なる」と「度重なる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重なる」と「度重なる」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「重なる」「度重なる」は似た様な言葉ですが、一体どの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの意味と使い方についても併せて紹介します。

スポンサーリンク

「重なる」とは?

「重なる」とは?

「重なる」の意味と使い方について紹介します。

意味

「重なる」には「ある物の上に、同じ物が載る」「幾重にもなる」「同じ事が繰り返し起こる」「複数のものごとが同時に起きる」という意味があります。

基本的に同じ種類のものが加わる時の表現です。

使い方

「重なる」は、同じ種類のものが加わったり、繰り返されたりする時に使われます。

基本的に「〇〇が重なる」と動詞として使われることが多く、副詞として使う時には「~が重なり」になります。

同じ様なものが2つまたは2回でも、それ以上の複数個や複数回でも、使われます。

「度重なる」とは?

「度重なる」とは?

「度重なる」の意味と使い方について紹介します。

意味

「度重なる」「たびかさなる」と読み、意味は「同じ様なことが何度も続いて起こること」です。

「度」「回数」を表します。

使い方

「度重なる」は、同じ様なことが2回だけではなく、3回、4回と「何度も続いて起こる」時に使われます。

副詞として使う時には「度重なり」になり、「度重なる不幸」など名詞を修飾する使い方もあります。

「重なる」と「度重なる」の違い!

「重なる」と「度重なる」の違い!

「重なる」「上にものが載る」「何度も起きる」という2つの意味があります。

「度重なる」「何度も続いて起きる」という意味です。

2つの違いは「ものごとが連続する度合い」にあります。

まとめ

まとめ

「重なる」「度重なる」「連続する度合い」に違いがあります。

何度もしつこく続く時には「度重なる」を使いましょう。