スポンサーリンク

「出会い系」と「マッチングアプリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出会い系」と「マッチングアプリ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「出会い系」「マッチングアプリ」は似たような意味合いで使われることが多い類似した言葉ですが、「出会い系」「マッチングアプリ」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「出会い系」「マッチングアプリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出会い系」とは?

「出会い系」とは?

「出会い系」とは、「異性との気軽な出会いを求めることを目的としたサイト・アプリ」で、誰にでもメッセージを送ること(男性は有料が多い)ができます。

「出会い系」をきっかけに真剣な恋愛・結婚に発展する人もいますが、基本的に「その場ですぐに会える人・一緒に食事や遊びに行ける人・話し相手・セフレ」などを求めて利用する人が多くなっています。

顔写真を出していなかったり個人情報がほとんどプロフになかったりする「匿名的な利用者」が多く、「出会い系」にはサクラが混ざっていることもあります。

「マッチングアプリ」とは?

「マッチングアプリ」とは?

「マッチングアプリ」とは、「恋愛・結婚(婚活)につながるような異性との真剣なマッチング(カップリング)を目的としたサイト・アプリ」で、「お互いにいいなと思ってマッチングした相手」にしかメッセージを送れない仕組みになっています。

「マッチングアプリ」では、「相手の顔写真・プロフィール(職業・収入・趣味・価値観など)」を見ながら、真剣に付き合いたい人を選ぶ仕組みなので、実際に会ってからも違和感なく交際・結婚に進展しやすい特徴があります。

「マッチングアプリ」は、真剣な出会いを目的としているので、「出会い系」と比べると冷やかしやサクラは少なくなっています。

「出会い系」と「マッチングアプリ」の違い!

「出会い系」と「マッチングアプリ」の違い!

「出会い系」「マッチングアプリ」の違いを、分かりやすく説明します。

「出会い系」とは、「遊び相手・話し相手・飲み友達・セフレなどを気軽に探したいという目的で利用する人が多いサイト(アプリ)」を意味しています。

「出会い系」は、「誰にでもメッセージを送ることができる(男性は有料が多い)・サクラがいることも多い・匿名的に利用できる」という特徴があります。

それに対して、「マッチングアプリ」「恋人(交際相手)・配偶者(結婚相手)を真剣に探したいという目的で利用する人が多いサイト(アプリ)」を意味している違いがあります。

「マッチングアプリ」には、「マッチングした人(お互いにいいねを押した人)にしかメッセージが送れない・サクラが少ない・顔写真や職業などを公開している人が多い(本気で相手を探しているために匿名性が弱い)」といった出会い系との違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「出会い系」「マッチングアプリ」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「出会い系」というのは、「匿名に近いような登録ができて、その場で気軽に遊べるような相手を探すことを目的として利用する人が多いサイト・アプリ」を意味しています。

それに対して、「マッチングアプリ」というのは「婚活・お見合いに近いような真剣な出会いを目的として利用する人が多いサイト・アプリ」の意味合いを持っています。

「出会い系」「マッチングアプリ」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説を確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物