スポンサーリンク

「反比例」と「指数関数」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反比例」と「指数関数」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「反比例」「指数関数」がどのような意味を持っているものなのかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「反比例」「指数関数」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「反比例」とは?

「反比例」「はんぴれい」と読みます。

この「反比例」「2つの変数の一方が2倍、3倍となっていくと、他の値が1/2、1/3とになるような2変数の関係のこと」を指しています。

別の言い方をするなら「逆比例」ということになります。

「指数関数」とは?

「指数関数」「しすうかんすう」という読み方になります。

この「指数関数」に冪において指数を変数として、定義の領域を中心に実数の全体へ拡張して定義される初等の超越関数」ということになります。

対数関数の逆関数という特性があるために、別名「逆対数」という名称も持っているのです。

「反比例」と「指数関数」の違い

では、ここで「反比例」「指数関数」の違いを見ていくことにしましょう。

どのような相違点があるのでしょうか?前述の通り「反比例」「2つの変数の一方が2倍、3倍となっていくと、他の値が1/2、1/3とになるような2変数の関係のこと」であり「逆比例」というものでした。

一方の指数関数」に冪において指数を変数として、定義の領域を中心に実数の全体へ拡張して定義される初等の超越関数」であり、このことから両者がことなるものということが見えてきます。

「反比例」の例文

では、ここで「反比例」の例文を見ていくことにしましょう。

具体的には以下のような使い方があります。

・『姉貴。俺に反比例の意味や解き方を教えてくれよ。全然理解できなくて困っているんだ』
・『反比例って片方の値が2倍、3倍となっていくと、もう片方の値が1/2、3/1と減っていくような性質をもっているの』
「反比例」の考え方は小学生の時に習うものですが、日常生活の中で使われるようなシーンはそんなに多くはないかもしれません。

「指数関数」の例文

続いて「指数関数」の例文について見ていくことにしましょう。

使われるシーンとしては下記のようなシチュエーションが考えられます。

・『来週の数学の試験範囲に指数関数が範囲になっているんだ。でも、どうやって解けばいいか全く理解できない。どうしよう?』
・『今日は指数関数について勉強しよう。かなり難しいものだから、ゆっくりと説明していくから若田なたらすすぐに質問してくれ』
「指数関数」の例文では、試験に関するシーンや授業でもシーンでの会話の中で出て来るものでしょう。

まとめ

ここまで「反比例」「指数関数」がどのようなものかを見てきました。

これらの言葉は普段の生活の会話の中で日常的に使われることがそんなに多くはないでしょう。

数学が好きな人や専攻されている方では当たり前のようなものかもしれませんが、一般の人たちではそんなに馴染みのないものなので、どのようなものなのかを理解しておくだけでも勉強になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物