投資信託の「一般型」と「累投型」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資信託の「一般型」と「累投型」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資信託の「一般型」「累投型」は投資信託の投資方法に関する類似の意味を持っている投資用語ですが、「一般型」「累投型」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、投資信託の「一般型」「累投型」の違いを詳しく解説していきます。

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の「一般型」とは、「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、口座に現金で受け取る投資方法」を意味しています。

「一般型」を選ぶことによって、投資信託の運用利益による分配金をそのまま受け取って、口座からカードや通帳で分配金を引き出すことができます。

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の「累投型」とは、「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、(現金では受け取らずに)同じ投資信託に再投資する累積投資の方法」を意味しています。

「累投型」を選ぶことによって、投資信託の運用利益による分配金を現金として引き出すことはできなくなりますが、再投資を何度も繰り返すので「投資信託の資産規模」「一般型」よりも大きくしやすくなります。

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の「一般型」「累投型」の違いを、分かりやすく解説します。

投資信託の「一般型」とは、「投資信託(ファンド)の運用利益によって出される分配金を、現金で受け取る投資方法」のことを意味しています。

それに対して、「累投型」という投資信託の用語は「投資信託(ファンド)の運用利益から生み出される分配金を、(現金では受け取らずに)その投資信託に再投資する投資方法」「再投資を積み上げて資産を増やす累積投資をする方法」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

投資信託の「一般型」「累投型」の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「一般型」というのは、「投資信託の運用利益から出される分配金を、現金で受け取る投資方法」を意味しています。

それに対して、「累投型」という用語は「投資信託の運用利益から出される分配金を、そのままその投資信託に再投資する投資方法」の意味合いを持っています。

投資信託の「一般型」「累投型」の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物