スポンサーリンク

「インキュベーション」と「イノベーション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インキュベーション」と「イノベーション」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「インキュベーション」「イノベーション」という言葉がどのような意味を持っているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「インキュベーション」「イノベーション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インキュベーション」とは?

「インキュベーション」とは?

「インキュベーション」は英語表記で「incubation」と書きます。

この「インキュベーション」とは、元々「卵などがふ化する」という意味を持っていたのですが、ビジネス業界で、「起業家の育成・新規ビジネスを支援する施設のことを指すようになってきました。

特に中小の組織や団体でこのような「インキュベーション」を運営していたり、色々なタイプの事業スペースを起業家などに向けて提供している動きが活発になっているのです。

「イノベーション」とは?

「イノベーション」とは?

「イノベーション」は英語表記で「innovation」と書きます。

この「イノベーション」「経済を発展させるための技術革新」と解釈されています。

もう少し詳しく述べると「イノベーション」とは「物事の新しい機軸や新たな結合、新しい切り口・捉え方・新しい活用法」と言うことができるでしょう。

このことから広義の意味で新しい発想から社会的的な意義深い価値を創造して大きな変化をもたらす人・組織・社会の変革を意味しているのです。

「インキュベーション」と「イノベーション」の違い

「インキュベーション」と「イノベーション」の違い

ここで「インキュベーション」と「イノベーション」の違いを見ていきましょう。

どのような違いがあるのでしょう?「インキュベーション」とは「起業家の育成や新しいビジネスを支援する施設のこと」を意味しており、「イノベーション」は、「新しいアイデアで社会の変革を促す人・組織・社会のこと」と言うことができます。

「インキュベーション」の例文

「インキュベーション」の例文

では、ここで「インキュベーション」の例文を見ていくことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章になります、 ・『私の町ではインキュベーション施設が活発に稼働しており、町おこしの1つになっています』
・『インキュベーションを立ち上げることで地方再生の起爆剤になるのではないでしょうか?』

「イノベーション」の例文

「イノベーション」の例文

次に「イノベーション」の例文について見てみましょう。

以下のような使い方が考えられます。

・『イノベーションによって日本は大きく変わる必要がある。何故なら諸外国に後れを取っているからです』
・『私が考えるイノベーションとは、単なる技術革新ではなくて、多くの若い人たちのフレキシブルな発想が原動力になることです』

まとめ

まとめ

ここまで「インキュベーション」「イノベーション」の意味や違いを説明してきました。

今、ビジネス業界では斬新な発想で物事に取り組まなければなりません。

そのためにはここで挙げた言葉の意味をしっかりと理解して1人ひとりがこれからの未来に向けて頑張らなければならないと思うのです。

それによって日本は再び力を取り戻していかことになるはずです。