「企業」と「会社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「企業」と「会社」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この「企業」「会社」は、一般的には同義だと捉えて構いませんが、厳密な違いなどを詳しく紹介していきます。

「企業」とは?

「企業」とは?

「企業」とは、営利目的で設立された組織のことを表現する言葉です。

いくつかの種類に分かれ、個人で経営している商店もこの「企業」と表現でき、民間企業と呼ばれる法人組織も当然これに入ります。

また、国有企業や第三セクター、特殊法人も含む表現の為、広い対象に使える言葉となっています。

学生がよく聞くのは、「企業説明会」という使い方だと思いますが、これは、様々な企業と呼ばれる対象となる組織が、新しく人を採用する為に開く説明会のことだと解釈できます。

「会社」とは?

「会社」とは?

「会社」は、主に先に挙げた民間企業と呼ばれる対象を指して使われる言葉です。

国営企業や第三セクターに対しても使われる言葉ですが、先のように、民間企業が一般的な対象になると考えていいでしょう。

つまりは法人として経営されている「○○株式会社」のような名称て付いている組織のことで、多くの場合で「企業」と同義の表現として使われます。

ただし、厳密に分けると「企業」の中に「会社」というカテゴリーが存在するという関係なり、「会社」と呼ぶことができる組織は、全て「企業」という枠組みの中に入ると解釈してください。

尚、個人で経営している商店などは「個人事業」と分類され、この「会社」には入りません。

「会社」と呼べる存在は、法務省に法人としての届け出がされている組織に限定されます。

「企業」と「会社」の違い

「企業」と「会社」の違い

「企業」「会社」には、このような違いがありますが、個人事業や特殊法人を除くと、ほとんど同じ意味で使うことができます。

一般にはそれらが絡まない場合には、特に区別なく使われている言葉で、無理に使い分ける必要もありません。

まとめ

まとめ

「企業」「会社」は、このように同義となることが多い言葉です。

企業の方が少し広い対象を指す言葉になると覚えておけばいいでしょう。