スポンサーリンク

「注文票」と「注文表」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注文票」と「注文表」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「注文票」「注文表」というものがどのようなものであるかをご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「注文票」「注文表」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注文票」とは?

「注文票」とは?

「注文票」「ちゅうもんひょう」という読み方になります。

この「注文票」とは「物品やサービスなどを依頼するために記載する伝票や書類のこと」を意味するものです。

特に「注文票」では注文する種類・数量を記載することが一般的です。

「注文表」とは?

「注文表」とは?

「注文表」「ちゅうもんひょう」という読み方になります。

この「注文表」とは「注文された商品や数量・金額が一覧化されているもの」を意味しています。

いわゆる「注文リスト」と言っていいでしょう。

「注文票」と「注文表」の違い

「注文票」と「注文表」の違い

では、ここで「注文票」「注文表」の違いを見て行くことにいたしましょう。

どのような相違点が見られるのでしょうか?「注文票」とは「物品やサービスなどを依頼するために記載する伝票や書類のこと」を意味するもので、注文する種類・数量を記載されています。

一方の「注文表」とは「注文された商品や数量・金額が一覧化されているものこと」であり「注文リスト」です。

このことから「注文票」「1つひとつの取引について用いる伝票のこと」を指しており、「注文表」「複数の注文を管理などのために表としてまとめたもの」と言うことができるでしょう。

「注文票」の例文

「注文票」の例文

では、ここで「注文票」の例文を見て行くことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章が挙げられます。

・『この注文票には商品一式と記載されているが、具体的な数量や金額が記載されていないので、注文票として認めることができない』
・『当社への注文票には、発注者側の社印・代表者印と発注日付がしっかりと明記されている必要があります』
「注文票」はビジネスの世界で使われることがほとんどですが、企業によっては例文のように発注者側の社印・代表者印と発注日付はもちろんのこと、発注明細がキチンを網羅されていないと意味をなさないとみなすところもあります。

「注文表」の例文

「注文表」の例文

続いて「注文表」の例文を見て行くことにいたしましょう。

この言葉の使い方としては、以下のような使い方があります。

・『当課では、1年間の受注商品数を注文表でしっかりと管理しています』
・『注文表を見ていると、以前に10種類の商品を受注したことが確認できるが、実際には商品数が不足していることが分かった』
「注文表」は注文リストのことでもあり、取引の商品一覧をリスト化したものです。

そのために受注後に漏れがないかチェックする場合でも使用されているのです。

まとめ

まとめ

ここまで「注文票」「注文表」の意味と違いを説明してきました、これらの資料はビジネスの世界で使われているので、これから社会人になる人は、これらがどのようなものなのかをしっかりと確認しておく必要があります。

ビジネスの基本的な知識の1つなので、チェックしておきましょう。