スポンサーリンク

「更迭」と「左遷」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「更迭」と「左遷」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「更迭」「左遷」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「更迭」とは?

「更迭」とは?

「更迭」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「更迭」は、「こうてつ」と読みます。

「更迭」は、「ある地位や役目にある人を、他の人と変えること」という意味があります。

例えば、大臣に汚職疑惑が持ち上がった場合、総理大臣が、大臣の首のすげ替えをするかもしれません。

このような場面では、「大臣を更迭する」という文書を作ることができます。

また、市長が問題発言をしたことで、その職を去らなければならないような場合、「問題発言がきっかけで、市長が更迭された」などという文章にできます。

さらに、プロ野球チームの監督が、成績が不振で、その職を去らなければならない場合があります。

このような場面では「最下位に沈むチームの責任を取り、監督が更迭された」などという文章を作ることができます。

「左遷」とは?

「左遷」とは?

「左遷」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「左遷」「させん」と読みます。

「左遷」は、「低い地位、官職に落とすこと」という意味があります。

昔の時代に、中国では、右を尊び、左を卑しんだことから、この言葉が生まれたとされています。

出世を目指して、良いキャリアを築いていた人が、一つの仕事のミスにより、閑職に落とされることがあります。

このような場合は、「仕事でミスをして、閑職に左遷された」などという文章を作ることができます。

また、大企業では出世争いが激しく、いくつもの派閥が争っている場合があります。

このような派閥争いに巻き込まれて、本社から支店に飛ばされてしまうような場合は、「派閥争いに巻き込まれ、支店に左遷された」などと表現することができます。

さらに、低い地位に落とされるくらいなら、転職をしようとする場合は、「左遷が決まり、退職することを決めた」などという文章を作ることができます。

「更迭」と「左遷」の違い

「更迭」と「左遷」の違い

「更迭」「左遷」の違いを、分かりやすく解説します。

「更迭」は、「ある地位や役目にある人を、他の人と変えること」という意味があります。

一方で「左遷」は、「低い地位、官職に落とすこと」という意味があります。

どちらも、重要な任務、官職などを外されてしまうという共通点があります。

ただし、「更迭」の方が「左遷」よりも、より重要なポジションに就いている人に対して使われるという違いがあります。

「更迭」は、政治家や企業のトップや幹部、スポーツチームの監督などに対して使うのに対して、「左遷」は企業の平社員に対しても使うことがあるためです。

また、「更迭」は、官職などを外されるだけなのに対して、「左遷」は、閑職など、新たに現在よりも低い地位を与えられるという違いがあります。

まとめ

まとめ

「更迭」「左遷」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。