スポンサーリンク

「忍耐」と「我慢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「忍耐」と「我慢」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「忍耐」「我慢」という言葉がどのような意味を持っているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「忍耐」「我慢」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「忍耐」とは?

「忍耐」「にんたい」という読み方になります。

この「忍耐」とは「辛さ・苦しさ・怒りをじっと我慢すること」「耐え忍ぶこと」、あるいは「自分に不都合なことなどを人にされても暴力的な仕返しをしたり現実逃避したりしないこと」というような意味がある言葉です。

「我慢」とは?

「我慢」「がまん」という読み方になります。

この「我慢」とは「辛い事ことを耐え忍ぶこと」「こらえて許すこと」という意味があります。

この他には「我を拠り所として心が高慢であること」「自分を頼んで自ら高しとすること」「自分自身に固執して他人を侮ること」とう解釈もあるのですが、一般的には「辛い事ことを耐え忍ぶこと」という意味で使われているのです。

「忍耐」と「我慢」の違い

ここで「忍耐」「我慢」の違いを見て行くことにいたしましょう。

どのような相違点が見られるのでしょうか?「忍耐」「辛さ・苦しさ・怒りをじっと我慢すること」「耐え忍ぶこと」などの意味があります。

一方の「我慢」「辛いことを耐え忍ぶこと」「こらえて許すこと」という意味になります。

しかし、解釈の違いを見ると「我慢」「とにかく目的もなく耐えること」を指しており、「忍耐」「何かしらの大義や目的を成し遂げるために耐えること」という意味があるのです。

「忍耐」の例文

ここで「忍耐」の例文を見て行くことにいたしましょうこの言葉はどのような使い方ができるのでしょうか?
・『食糧不足を忍耐するのも、すでに限界を超えた。もう暴動を止めることは誰にもできないだろう』
・『彼はかなり忍耐のいるあの重労働でさえ全く嫌な顔をせずに黙々とやっているのだがら本当にすごいや』

「我慢」の例文

続いて「我慢」の例文について見て行くことにいたします。

この言葉の具体的な使い方としては、以下のような文章が挙げられます。

・『彼はあれだけ飲みたい酒を必死に我慢していたのだが、肝硬変を患って入院しなくてはならなくなってしまった』
・『今回の失態は我慢して許されたが、次は絶対に失敗することは許されないだろう。何故なら彼は何度も同じ過ちを繰り替えてしてきたからだ』
「我慢」という言葉は地味の感じる言葉かもしれません。

しかし、何事もなく「我慢」することがありません。

その背景には必ず「我慢」する何かがあるのです。

まとめ

ここまで「忍耐」「我慢」の意味と違いを説明してきました。

これらの言葉は私たちの日常生活の中でごく当たり前のように使われていますが、ビジネスの世界でもよく見たり聞いたりする機会が多い言葉かもしれません。

それだけにこの2つの言葉は誰もが何気なく使っているものでしょう。

これらの言葉を気にすることなく使うことができるようにここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物