スポンサーリンク

「非違事案」と「不祥事」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非違事案」と「不祥事」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「非違事案」「不祥事」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「非違事案」とは?

「非違事案」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「非違事案」は、「ひいじあん」と読みます。

「非違事案」「非違行為に関すること。

不祥事に対して、あまり表面化していない違法行為」
という意味がります。

主に、行政内部で使われる言葉になります。

例えば、役場の男性職員が、女性職員にセクハラをするという不祥事があり、それが表面化していなかった場合は、「役場の職員の非違行為が、今はまだふせられている」などという文章にできます。

また、警察官が、空き巣をするなど、犯罪行為をして懲戒免職になることがあるかもしれません。

この場合、警察関係者が、「このような非違事案が起きたことをお詫びいたします」などと、警察による違法行為に対して、謝罪するかもしれません。

このように、主に役所関係の誰かが、違法行為を行った時、「非違事案」という言葉を使います。

「不祥事」とは?

「不祥事」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「不祥事」「ふしょうじ」と読みます。

「不祥事」は、「関係者にとって不都合な事件、事柄」という意味があります。

何かの事件が起こった時に、それが事件を起こした関係者に取手不都合だと感じるような場合は、「不祥事」と呼びます。

例えば、ある会社の経理部の社員が、会社の金を横領した場合は、「社員が横領するという不祥事を起こす」などという文章にできます。

また、スポーツの世界で、八百長はあってはならないことですが、賭博などと関連をして、八百長をした選手が逮捕される場合があります。

このような場合は、所属するスポーツ団体にとって、不都合な事態となります。

そこで、「選手が賭博に関連した八百長をするという、不祥事が起こった」などという文章を作ることができます。

「非違事案」と「不祥事」の違い

「非違事案」「不祥事」の違いを、分かりやすく解説します。

「非違事案」「非違行為に関すること。

不祥事に対して、あまり表面化していない違法行為」
という意味がります。

一方で、「不祥事」は、「関係者にとって不都合な事件、事柄」という意味があります。

どちらも、違法行為などに、良くない行動に関する言葉という共通点があります。

ただし、「非違事案」は、役所関係者が起こした違法行為などを意味にするのに対して、「不祥事」は、民間企業など、あらゆる集団の関係者について、使用できる言葉という違いがあります。

また「非違事案」は、違法行為に対して使う言葉なのに対して、「不祥事」は、不倫や舌禍事件などに対しても使う言葉という違いもあります。

まとめ

「非違事案」「不祥事」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物