スポンサーリンク

「有料」と「有償」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有料」と「有償」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「有料」「有償」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「有料」とは?

「有料」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「有料」は、「ゆうりょう」と読みます。

「有料」は、「料金が必要なこと」という意味があります。

反対語は「無料(むりょう)」になります。

何かをするときに、料金が必要な場合は、「有料」となります。

例えば、桜を見に、公園に出かけた時、自動車を駐車場に停めるのではないでしょうか。

この場合、駐車場を使用するために、料金が必要な場合は、「公園の駐車場が有料だ」という文章にできます。

また、ラーメン店で、ラーメンを大盛りにするとき、大盛りにするためには追加料金が必要というお店があります。

この場合は、「この店は、有料で大盛りにできる」などという文章にできます。

さらに、アプリを使用する時、ダウンロードするための料金が必要なものがあります。

この場合は「有料アプリをダウンロードする」などと表現することができます。

「有償」とは?

「有償」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「有償」「ゆうしょう」と読みます。

「有償」は、「受けた利益に償い報いること。

受けた利益に対して、対価を支払うこと」
という意味があります。

反対語は「無償(むしょう)」になります。

「有償」という言葉は、法律用語のため、日常会話に乗ることはそれほど多く在りません。

例えば、ある会社が国有地を払い下げてもらうとき、対価を支払う必要がある場合があります。

この場合は、「国有地を有償で払い下げる」という文章にできます。

また、ある企業の持ちビルを、他の企業がもらい受ける場合があります。

この場合に、ある程度の対価を支払う場合は、「他企業から、ビルを有償でもらい受けることになった」などという文章にできます。

「有料」と「有償」の違い

「有料」「有償」の違いを、分かりやすく解説します。

「有料」は、「料金が必要なこと」という意味があります。

一方で「有償」は、「受けた利益に償い報いること。

受けた利益に対して、対価を支払うこと」
という意味があります。

何かをするとき、またはしてもらうときに、料金を支払う必要がある場合は「有料」という言葉を使い、お金も含めた、対価を支払うことを「有償」と呼びます。

そのため、「有料」「有償」は、似た意味を持ちますが、対価がお金に限定している「有料」と、それ以外も含む「有償」という違いがあります。

さらに、「有料」は一般的に使用されている言葉なのに対して、「有償」は法律用語のため、日常生活ではほとんど使われていないという違いがあります。

まとめ

「有料」「有償」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物