スポンサーリンク

「ラミネート加工」と「パウチ加工」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラミネート加工」と「パウチ加工」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラミネート加工」「パウチ加工」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラミネート加工」とは?

「ラミネート加工」とは?

ラミネート加工とは、らみねーとかこうという読み方をすべき言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事でしょうが、プラスチックフィルムやアルミ箔といったものを貼り合わせて層にするという意味のラミネートに、手を加えて細工する事や人工を加える事といった意味がある加工の文字を合体させる事で完成した言葉となっています。

以上の事からラミネート加工は、複数の材料を貼り合わせる事で積層させるという加工方法を表すのです。

「ラミネート加工」の使い方

ラミネート加工は、何かと何かを貼り合わせて積層させる加工方法に使われる言葉となっています。

印刷業界で使用される事が多い言葉であり、印刷面に透明なフィルムを貼る事により、印刷面を美しく見せたり、印刷面の保護をするといった効果が得られる加工を、ラミネート加工と呼んでいるのです。

「パウチ加工」とは?

「パウチ加工」とは?

パウチ加工とは、ぱうちかこうという読み方をする言葉となっています。

文字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事ですが、包み込むや小さな袋といった意味を持っているパウチの文字に、原料や素材に手を加える事で新しいものを作るとか細工をするという意味を所有する加工の文字を付け足す事で成立した言葉です。

だからこそパウチ加工は、対象全体を包み込む加工の事を示します。

「パウチ加工」の使い方

パウチ加工は、全体を包み込む形で行う加工を表現する言葉として用いられるのです。

この言葉は印刷業界で使用される事が多く、印刷物の両面及び上下左右全てを包み込む形で行う加工方法を示す言葉となっています。

そんなパウチ加工は、印刷物を透明な素材により挟み込んだ上で、熱で圧着して行うのが基本的なやり方です。

「ラミネート加工」と「パウチ加工」の違い

「ラミネート加工」と「パウチ加工」の違い

ラミネート加工とパウチ加工は、文字表記を並べて見れば、ラミネートとパウチという言葉の違いを見出す事が出来ます。

所がその後に続くのが、どちらも加工という同じ漢字であり、共に加工方法を意味する言葉という共通点もあるのが厄介な部分だったりするのです。

とはいえ文字の違いで、表す意味合いにも違いを見付ける事が出来ます。

まずラミネート加工ですが、透明なフィルムを印刷面だけに貼り付けて積層させるという加工方法です。

一方のパウチ加工は、印刷物の全体を透明な素材で挟み込んだ上でそのまま全体を熱圧着するという加工方法を示します。

まとめ

まとめ

2つの言葉はどちらも加工という漢字が駆使されている事からでも明らかな様に、印刷物の加工方法に関連した意味を持つ言葉同士です。

ただしラミネートとパウチという言葉の違いがある事で、加工する方法に相違点を発見する事が出来ます。

ちなみにラミネート加工は、印刷面だけにフィルムを貼り付ける等して積層する加工方法を表す言葉です。

対するパウチ加工は、印刷物の全体を覆う形で透明な素材を挟み込み、熱で圧着させるという加工方法に用いる言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物